福井地域鉄道部

福井地域鉄道部(ふくいちいきてつどうぶ)とは、福井県福井市福井駅構内にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の地域鉄道部の一つである。

福井地域鉄道部
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道
帰属組織 金沢支社
所属略号 金フイ、井
備考 2011年4月1日現在
テンプレートを表示

本項では、敦賀機関区および敦賀運転所についても記述する。

目次

概要編集

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように、JR西日本は1990年(平成2年)6月1日から主に支線区に対して鉄道部制度を導入していたが、1995年(平成7年)10月1日から鉄道部制度を幹線系の地域にも導入し、地域鉄道部として地域の特性に応じた業務が行われている[1]

金沢支社が管轄し、主に福井県北部の鉄道運営を行っている。

管轄路線編集

以前は北陸本線の南今庄駅 - 近江塩津駅間(近江塩津駅は京都支社の直轄)も管轄していたが、2010年(平成22年)6月1日付で該当区間は敦賀地域鉄道部に移管された[3]

福井支店編集

2017年6月1日より当鉄道部内に福井支店が新設され、金沢支社における福井県内の営業拠点として、当鉄道部とともに機能を担っている。

所属車両編集

2012年度の所属車両編集

2012年4月1日現在の所属車両は以下の通り[4]。ただし、2016年4月1日現在はこれらの所属車両は在籍していない[5]

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
0両 0両 6両 0両 4両 10両

機関車編集

貨車編集

過去の所属車両編集

敦賀機関区・敦賀運転所に所属していた車両も含めて記述する。

乗務員編集

乗務員は福井運転センターに所属している。福井運転区と金沢車掌区福井支区が統合の上、福井運転センターとなった。なお、北陸本線南福井駅構内にある車両基地の一部も福井運転センターである。

設備保守区所編集

歴史編集

国鉄時代編集

  • 1884年明治17年):敦賀機関庫設立[6]
  • 1936年昭和11年)9月1日:敦賀機関区に改称。
  • 1957年昭和32年)10月1日:北陸本線電化時に電気機関車用の車両基地として敦賀第二機関区が発足。敦賀機関区は敦賀第一機関区と改称。
  • 1984年(昭和59年)2月:敦賀第二機関区の車両配置がなくなる。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:敦賀第一機関区と敦賀第二機関区を統合して敦賀機関区と改称[7]
  • 1986年(昭和61年)3月3日金沢運転所敦賀派出所が敦賀機関区に統合される[8]

国鉄分割民営化後編集

  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、敦賀機関区が敦賀運転所として発足。
  • 1995年平成7年)10月1日:鉄道部制度に伴い、福井地域鉄道部として発足。福井運転区・金沢車掌区福井支区が統合される[1][9]
  • 1996年(平成8年)3月16日:敦賀運転派出に車両配置開始[10]
  • 2008年(平成20年)6月1日:鉄道部制度見直しに伴い、越前大野鉄道部と統合[11]
  • 2010年(平成22年)6月1日:敦賀駅・敦賀運転派出・敦賀施設管理室は福井地域鉄道部と切り離して、小浜鉄道部と合併し、敦賀地域鉄道部が発足。これまで福井地域鉄道部敦賀運転派出に所属していた車両は、敦賀地域鉄道部敦賀運転センター車両管理室に転出。北陸本線の南今庄駅 - 近江塩津駅間(両端駅構内のぞく)を敦賀地域鉄道部に移管[3][12]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b データで見るJR西日本 2009”. 西日本旅客鉄道. pp. 83-84 (2009年4月1日). 2010年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月20日閲覧。(データブック)
  2. ^ 大聖寺駅は金沢支社の直轄
  3. ^ a b データで見るJR西日本 2010”. 西日本旅客鉄道. pp. 83-84 (2010年4月1日). 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月20日閲覧。(データブック)
  4. ^ 「JR旅客各社の車両配置表」『鉄道ファン』2012年7月号、交友社
  5. ^ 鉄道ファン編集部、2016、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』56巻(通巻663号(2016年7月号))、交友社 p. 25,31(別冊付録)
  6. ^ RailMagazine』331、ネコ・パブリッシング、2011年、p.78
  7. ^ ジェー・アール・アール編『復刻版国鉄電車編成表 1986.11ダイヤ改正』交通新聞社、p.249。ISBN 978-4-330-10609-0
  8. ^ ジェー・アール・アール編『復刻版国鉄電車編成表 1986.11ダイヤ改正』交通新聞社、p.250。ISBN 978-4-330-10609-0
  9. ^ 『JR気動車客車編成表 '00年版』ジェー・アール・アール、2000年。ISBN 4-88283-121-X
  10. ^ 『JR電車編成表 '02夏号』ジェー・アール・アール、1992年。ISBN 4-88283-037-X
  11. ^ ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2010』交通新聞社、2010年。ISBN 978-4-330-14710-9
  12. ^ 「JR旅客各社の車両配置表」『鉄道ファン』2011年7月号、交友社

参考文献編集

関連項目編集