金哲彦

日本の陸上競技選手、指導者、解説者

金 哲彦(きん てつひこ、1964年2月1日 - )は、在日韓国人の元陸上競技選手、陸上競技駅伝解説者マラソン中継リポーター。現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長、日本陸上競技連盟女子長距離マラソン強化部長、エディオン女子陸上競技部ゼネラルマネジャー、東京経済大学陸上競技部アドバイザリーコーチ、ライツネットワークメンバー。作家の高史明は叔父、実兄の木下和彦はフランス料理店「レストラン・キノシタ」のオーナーシェフ。

目次

来歴編集

福岡県北九州市門司区出身。かつては日本名(通名)の「木下 哲彦」を名乗っていたが、大学卒業時に現在の韓国名に改称した。名前は韓国語読みでは「キム・チョロン(김철언)」となるが、日本語読みにしている。

中学校は北九州市立緑丘中学校出身。八幡大学付属高等学校(現在の九州国際大学付属高等学校)在学時、1・2年次には目立った活躍はなかったが、3年次、高校駅伝福岡県予選では区間賞を獲得。なお、高校の同級生に大東文化大学陸上競技部元監督の只隈伸也がいる。

その後早稲田大学に進み、教育学部卒業。在学中競走部に属し、中村清監督の下、箱根駅伝で活躍。特に上りに強く、5区のスペシャリストとして知られ、4年連続で5区を担当。区間賞を2度獲得するなど抜群の強さをみせ、1984年1985年には優勝に大きく貢献するなど「山登りの木下」の異名をとった。

卒業後、リクルートに一般社員として入社。リクルートには陸上競技部がなかったため、新たに部を創設した。1987年には別府大分毎日マラソンで3位に入る活躍をみせた。1995年、小出義雄監督の積水化学移籍に伴い、リクルート陸上競技部監督に就任。しかし、2001年に経営の合理化の一環で陸上競技部は消滅した。その後、金は当時日本ではあまり一般的でなかった陸上のクラブチーム・ニッポンランナーズを創設。これは、現在のクラブチームブームの嚆矢となった。

2006年大腸がんを発症し手術。そして翌年には早くもフルマラソンを完走した。

現在は、テレビのマラソン・駅伝中継の大半に規模を問わず顔を出し、解説者としてランナーの立場に立ったコメントを述べている。

マラソン成績編集

記録 順位 大会 備考
1 2時間27分39秒 42位 1983年 東京国際
2 2時間12分35秒 3位 1987年 別府大分毎日
3 2時間15分07秒 20位 1987年 福岡国際
4 2時間16分07秒 18位 1988年 福岡国際
5 2時間16分55秒 3位 1989年 東京国際
6 2時間23分40秒 42位 1989年 ニューヨーク
7 途中棄権 1990年 東亜 韓国アジア大会選考会
8 2時間15分16秒 18位 1991年 東京国際
9 2時間21分38秒 優勝 1991年 デュークシティ(アメリカ)
10 2時間17分00秒 6位 1991年 シカゴ
11 2時間11分48秒 6位 1992年 東亜(春川) 韓国バルセロナ五輪選考会

パートナーシップ編集

  • リーボック - 金が提唱するランニング法「体幹ランニング」をサポートする、ランニングシューズ・ウェア「TAIKAN」の共同開発を行う[1]

著作編集

関連書籍・DVD編集

出演編集

(中継解説は除く)

脚注編集

外部リンク編集