メインメニューを開く

金子 マーティン(かねこ マーティン、Kaneko Martin1949年7月20日 - )はオーストリア国籍社会学者日本女子大学教授(哲学博士)。ヨーロッパ史・現代社会思想史を専攻。特に差別問題の専門家で、ロマ民族(いわゆるジプシー)の迫害史やホロコーストを研究している。

かねこ まーてぃん
金子 マーティン
生誕 1949年7月 (69歳)
イングランドの旗 イングランド ブリストル
出身校 ウィーン大学 大学院
職業 オーストリアの社会学者

目次

略歴編集

1949年イギリスブリストルに生まれ、1956年、両親と共に来日。神奈川県で育ち、日本高等学校卒業

1969年オーストリアへ渡り、ウィーン大学哲学部日本学科に入学。1973年から1975年まで京都大学経済学部研修員。1978年ウィーン大学大学院日本学研究所日本学専攻博士課程修了。同年、ウィーン大学日本学研究所助手に就任(のち講師)した。1983年、オーストリア国籍を取得。1991年秋に再び来日し、日本女子大学人間社会学部現代社会学科助教授を経て、日本女子大学教授を務める。1997年、「週刊金曜日」誌上に「『ガス室はなかった』と唱える 日本人へ捧げるレクイエム」と題する文章を寄稿し、ホロコースト否定論を批判したため、ホロコースト否定論者木村愛二から名誉毀損で提訴されるも、1999年に請求棄却となる。

部落解放研究所村越末男と親しく、1988年には部落解放同盟反差別国際運動IMADR)を組織する際に協力したことで知られる。

著書編集

  • 『神戸・ユダヤ人難民1940 - 1941 「修正」される戦時下日本の猶太人対策』(みずのわ出版)2003年
    • [独訳] Martin Kaneko, Die Judenpolitik der japanischen Kriegsregierung, Berlin, Metropol Verlag, 2008.
  • 『「ジプシ-収容所」の記憶 ロマ民族とホロコースト』編訳(岩波書店1998年
  • 『ナチス強制収容所とロマ』編訳(明石書店1991年

関連項目編集

外部リンク編集