メインメニューを開く

浜金谷港(はまかなやこう、英:Hamakanaya Port)は、千葉県富津市東京湾東岸に位置する港湾法上の地方港湾。古くからのフェリーターミナルであり、フェリーの名標等では金谷港とも表記されている。港湾管理者は千葉県。周辺は「石のまち 金谷」として恋人の聖地に選定されている。

浜金谷港
Hamakanaya Port
Kurihama-maru@Kanaya.jpg
浜金谷港に停泊する「くりはま丸」
所在地
日本の旗 日本
所在地 千葉県富津市 金谷
座標 北緯35度10分10秒 東経139度49分3.5秒 / 北緯35.16944度 東経139.817639度 / 35.16944; 139.817639座標: 北緯35度10分10秒 東経139度49分3.5秒 / 北緯35.16944度 東経139.817639度 / 35.16944; 139.817639
詳細
開港 1955年(港湾区域認可)
管理者 千葉県
種類 地方港湾
LOCODE JP_HKW
統計
公式サイト 浜金谷港(千葉県HP)

概要編集

 
恋人の聖地「石のまち 金谷」モニュメント

東京湾東岸の浦賀水道沿いに位置し、1955年(昭和30年)に港湾法上の地方港湾として港湾区域の認可を受け開港する。その後、1978年(昭和53年)7月、富津市に代って千葉県が港湾管理者となる[1]国連欧州経済委員会(UNECE)が制定している海港コード(UN/LOCODE)は「JP_HKW[2][3]

浜金谷港は対岸の久里浜との間にカーフェリーが就航するに至り、南房総の玄関口として地域の発展に大きく寄与するところとなる。東海汽船(旧:東京汽船)が1889年明治22年)11月14日、当時の実業界の大立物渋沢栄一の構想と協力により設立し、翌15日から営業を開始[4]。当時の母体であった第二房州汽船等により神奈川側の川崎、横浜、横須賀、浦賀、久里浜などから千葉県側の五井、木更津、富津等を東京湾を覆う網の目のように航路があったものの、房総半島の鉄道が整備されたと同時にその役目終え、航路の撤退が相次いだ[5][6]1951年昭和26年)に東京汽船の出資により設立した東京湾フェリー(旧:東亜海運[7])が一部航路を引き継ぎ、1960年昭和35年)5月に金谷港 - 久里浜港間航路で2隻による自動車航送を開始[8]1964年昭和39年)3月28日 - 浦賀港 - 金谷港間航路を廃止し、東京湾フェリーの金谷港 - 久里浜港間航路が現在にまで至る。

現在は公共ふ頭が整備され、主としてフェリーと砂利・砂積出港として利用されている。また、金谷フェリーサービスセンターには夕日が最も美しく見える場所として恋人の聖地モニュメント「幸せの鐘」が設置されている[9]

港湾施設編集

けい留施設編集

対象

番号

バース名 延長

(メートル)

所定水深

(メートル)

エプロン幅

(メートル)

対象船舶

(重量トン数)

構造・様式 備考(供用年)
1 北港A岸壁 74 -5.0 15.0 1,000 重力式 供用中(平成2年)
2 北港B岸壁 77 -5.0 15.0 1,000 重力式 供用中(平成3年)
3 南港物揚場 135 -4.0 10.0 500 重力式 供用中(昭和58年)
4 南港船揚場 60 -4.0 10総トン コンクリートブロック 供用中(昭和35年)

荷捌地編集

対象番号 名称 面積(平方メートル)
5 1号荷捌地 1,376
6 2号荷捌地 2,664
7 3号荷捌地 3,460

交通編集

 
東京湾フェリー「かなや丸」

公共交通機関編集

自動車編集

  • 高速道路
    • E14 富津館山道路富津金谷IC
  • 一般道路
  • 駐車場
    • 東京湾フェリー乗り場にて駐車場あり、60台(有料、通常1日1回:600円)

周辺施設編集

 
浜金谷港全景、奥にそびえるのが鋸山
  • 金谷漁港
    • 金谷港の南側にある漁港。釣りのスポットとしても知られる
  • The Fish
    • 飲食店と魚市場、土産物店が一体になった観光施設
  • 内房フラワーハウス
    • 温室(入場有料)と花屋が一体になった観光施設
  • 鋸山金谷温泉郷
    • 旅館2軒
  • 鋸山

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 港湾管理者一覧(国土交通省)http://www.mlit.go.jp/kowan/data/pdf/H19.4.1kowan_kanrisya.pdf
  2. ^ UN/LOCODE(港及び地名コード)”. www.jastpro.org. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 港略称一覧 - SANKYU-物流情報サービス(CISS)”. webciss.sankyu.co.jp. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 東海汽船100年の歩み p.108-113 世界の艦船(海人社、1989年11月号)
  5. ^ 回想の東海汽船客船 p.49-56 東海汽船の客船90年の歩み p.98-103 世界の艦船(海人社、1979年11月号)
  6. ^ yokohama80s. “日本カーフェリー浮島ターミナル” (日本語). 週刊 横濱80’s. 2019年3月13日閲覧。
  7. ^ 1939年に設立された同名の会社(1947年、GHQ命令による在外資産封鎖に伴い解散)とは別法人。
  8. ^ アクアラインで大打撃…東京湾フェリー、新たな活路”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2018年11月10日). 2019年1月5日閲覧。
  9. ^ 恋人の聖地「石のまち金谷」”. www.tokyowanferry.com. 2019年3月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集