金高清吉

日本の将棋棋士

金高 清吉(かねたか せいきち、1919年3月9日 - 1960年2月16日)は、将棋棋士。贈八段。木村義雄十四世名人門下。千葉県天津小湊町(現・鴨川市)出身。

人物編集

1946年順位戦C級に参加し、成績上位のために六段へ跳び昇段。翌年にB級に昇段する。B級2組在籍のまま、1960年に逝去。

海釣りが好きで、釣った魚のことをけなされると、闘志満々で戦ったという[1]

昇段履歴編集

  • 1941年 四段
  • 1947年5月10日 六段へ跳び昇段(順位戦C級上位)
  • 1948年4月1日 七段(順位戦B級昇級)
  • 1960年2月16日 逝去
  • 1973年11月3日 八段(表彰感謝の日表彰 追贈)

脚注編集

  1. ^ 天狗太郎『棋士の世界』(時事新報社)P.238

関連項目編集