メインメニューを開く

釜ヶ渕堰堤(かまがふちえんてい)は、長野県松本市安曇(旧南安曇郡安曇村)、信濃川水系犀川の上流部(梓川)に建設されたダム。高さ29メートルの積石アーチ式コンクリート砂防ダムである。国の登録有形文化財

釜ヶ渕堰堤
釜ヶ渕堰堤
所在地 長野県松本市安曇4460地先
位置 北緯36度12分51秒
東経137度36分54秒
河川 信濃川水系犀川梓川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 アーチ式コンクリートダム
砂防ダム
堤高 29.0 m
堤頂長 79.0 m
堤体積
流域面積km²
湛水面積ha
総貯水容量 - m³
有効貯水容量 - m³
利用目的 砂防
事業主体 国土交通省
電気事業者
発電所名
(認可出力)
施工業者
着手年/竣工年 1936年/1943年
備考 国の登録有形文化財
テンプレートを表示

概要編集

1915年焼岳噴火による大量の泥流が犀川上流部(梓川)をせき止めてられて大正池が誕生した。この堆積した土砂の流出を防ぎ、上高地の景観と犀川流域の保全を目的に、大正池の河口直下に建設されている。かつては県道沿いに上高地に向かう途中に見ることができたが、県道の崩落事故が度重なったため2005年に新しい釜トンネルに付け替えられ、ほとんど人目に触れることはなくなった。

歴史編集

1936年(昭和11年)に着工し、1943年(昭和18年)に釜ヶ渕堰堤本体工事が、翌年昭和19年に下流側の本副堰堤工事が竣工した。内部の構造は主に玉石を埋め込んだ粗石コンクリートで、表面は現地の石を加工した築石を用いている。梓川流域ではこの堰堤の着工に先立ち、1932年(昭和7年)に国の直轄砂防工事が始められており、当初は梓川沿いの山腹工や、沢渡周辺の川への小規模な砂防工事が行われた。2002年(平成14年)8月、国の登録有形文化財に登録。

関連項目編集

外部リンク編集