鈴木 秀生(すずき ひでお、1963年〈昭和38年〉2月24日 - )は、日本外交官[1]

在チェコ日本国大使館ホームページより(2021年撮影)

昭和60年に外務省に入省後、北米局参事官、在韓国日本大使館公使、地球規模課題審議官、国際協力局長、駐チェコ大使等を経て、令和6年から特命全権大使(広報外交担当兼国際保健担当、メコン協力担当)を務める。

人物 編集

大阪府大阪市生まれ。

東京大学法学部第二類卒業(昭和60年3月)

略歴 編集

同期 編集

その他 編集

外務省アジア局東南アジア一課の総務班班長補佐時代には電話ではフランス語で喋りながら、パソコンには英語で打つということもしていた[3]

脚注 編集

  1. ^ Embassy of Japan in the Czech Republic”. 在チェコ日本国大使館. 外務省. 2022年8月22日閲覧。
  2. ^ 令和六年三月二十六日付人事異動”. 外務省. 2024年3月26日閲覧。
  3. ^ 佐藤正久『イラク自衛隊「戦闘記」』講談社、2007年、228頁。ISBN 9784062139212