鉄牛道機(てつぎゅう どうき、寛永5年7月26日1628年8月25日) - 元禄13年8月20日1700年10月2日))は、江戸時代前期の黄檗宗禅僧。号は自牧子。諡号は大慈普応国師。長門生まれ(石見とする異説もある)。

鉄牛道機
1628年 - 1700年
諡号 大慈普応国師
生地 長門国石見国説もあり)
没地 下総国匝瑳郡福聚寺
宗派 臨済宗黄檗派
寺院 龍峯寺萬福寺浄住寺
隠元隆琦木庵性瑫

因幡龍峯寺鳥取県鳥取市)で修行後、長崎に滞在していた隠元隆琦に参禅して萬福寺創建に従事した。ついで隠元の高弟木庵性瑫に師事して鉄牛道機と名を改め、その法を嗣いだ。教禅一致の立場に立って教化につとめ、宇治黄檗山萬福寺の造営に尽くし、京都洛西葉室山浄住寺を中興、相模小田原藩稲葉正則の招きで紹太寺江戸弘福寺などの開山となる。鉄眼道光の「大蔵経」の開版に協力し、下総匝瑳郡椿海の干拓などの社会事業にも力を入れた。

その後、人々に乞われて椿海跡地近くに福聚寺千葉県東庄町)を建ててそこで没した。