鎮守府 (日本海軍)

鎮守府(ちんじゅふ)は、かつて日本海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関。その前身は1871年明治4年)に兵部省内に設置された海軍提督府である。

各鎮守府は、所轄海軍区の防備、所属艦艇の統率・補給・出動準備、兵員の徴募・訓練、施政の運営・監督にあたった。鎮守府司令長官(海軍大将中将)は、軍政に関して海軍大臣、作戦計画に関して海軍軍令部長(軍令部総長)、からそれぞれ指示を受けた。

歴史編集

日本は、1875年に周辺の海域を東西の2海面に分けて東西各指揮官の指揮下に置くこととし、1876年に東海と西海の鎮守府の設置を定めた。東海鎮守府をまず横浜に仮設し、1884年横須賀へ移転して横須賀鎮守府と改称した。西海鎮守府は開設しなかった。

1886年に海軍条例を制定して日本沿岸の海面を5海軍区に分け、各海軍区に鎮守府と軍港の設置を定めた。横須賀のほかに、1889年呉鎮守府佐世保鎮守府1901年舞鶴鎮守府を開庁した。

当初予定されていた室蘭の設置は1903年に取り止めとなり、大湊を軍港よりも格下の要港とし、1905年に鎮守府よりも格下の要港部を設置した。大湊要港部は1941年11月に、鎮守府と同格の大湊警備府に改変された。警備府は鎮守府のような固有の艦艇や警備戦隊・防備戦隊を保有しない。

1905年旅順口鎮守府が設置して1906年に旅順鎮守府と改称し、1914年に廃止した。舞鶴は1923年にワシントン軍縮条約のあおりで鎮守府を廃止して要港部へ格下げしたが、1939年に復活した。

鎮守府は第二次世界大戦後の1945年11月に廃止した。1952年(昭和27年)に発足した警備隊、1954年(昭和29年)に発足した海上自衛隊は、かつての海軍区・鎮守府に相当するものとして地方隊・地方総監部を置いた。現在は横須賀地方隊佐世保地方隊呉地方隊舞鶴地方隊大湊地方隊を置いている。大湊のみ警備府から昇格し、ほかは鎮守府から継承した。

2016年4月に日本国内の鎮守府関連施設は「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 〜日本近代化の躍動を体感できるまち〜」として日本遺産に認定された[1]

参考文献編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 日本遺産 - 平和産業港湾都市 旧軍港4市”. 2017年10月27日閲覧。

外部リンク編集