メインメニューを開く

長勝院

徳川家康の側室。結城秀康の生母

長勝院(ちょうしょういん、天文17年(1548年) - 元和5年12月6日1620年1月10日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての女性。江戸幕府の初代将軍徳川家康側室物部姓永見氏の娘。通称おこちゃ於万の方小督局とも。結城秀康の生母。

生涯編集

 
於萬之方誕生地(愛知県知立市総持寺)

天文17年(1548年)、三河国知鯉鮒明神の社人・永見貞英の娘として誕生する。名はおこちゃ、松、菊子、於故満と伝わる[1]。随庵見聞録に収録されている本多重次書状写に「おこちゃ」と見えるので、当時本多重次には「おこちゃ」と呼ばれていたとされる[2]。また、『知立市史』では万の母を水野忠政の娘で、お大の方の外姪とする[3]

はじめ徳川家康の正室・築山殿奥女中で、家康の手付となり、於義伊(のちの結城秀康)を産んだとされるが、家康が永見氏を臣従させたときに万を仕えさせることを約束させ、元亀三年に浜松城に仕え、於義伊を産んだともされる[4]。この時、双子であったといわれ、俗に永見貞愛がもう一人にあたるという。知立神社には、万が貞愛の容体を心配して送った手紙が残されている[5]。当時、双子は「犬畜生と同じ双子腹」と忌み嫌われていたため、貞愛は万の実家・永見家に預けられ、於義伊も家康に嫌われ2歳(または3歳)の時に初めて家康と対面した。

天正12年(1584年)、11歳の於義丸が豊臣秀吉の養子となり、のちに元服し秀康と改名した。秀康は結城晴朝の養女・江戸鶴子と結婚し、婿養子として結城氏を継いだ。関ヶ原の戦い後は秀康が北ノ庄城の城主となったため、万もこれに同行する。慶長12年(1607年)に秀康が北ノ庄にて急死すると、家康の許可なしに出家するが、咎めはなかった。

元和5年(1619年)に72歳で死去した。戒名は長勝院松室妙戴大姉。墓所は永平寺

永見氏編集

秀康の子孫である越前松平家系の福井藩を始めとする各大名家では、庶流は長勝院にちなみ永見氏を名乗るケースがある。また、家臣団中に長勝院の縁戚である永見氏が複数存在する。永見吉克永見吉次永見吉望など。その他、同じく福井藩に関連する永見民部(松平民部)がいる。

逸話編集

於義丸を産む前に築山殿の嫉妬に遭い、寒い夜、裸にされて庭の木にくくりつけられた。これを見つけた家康の家臣・本多重次によって保護され、於義伊を産んだという。当時、万は浜松にある浜松城に住んでおり、築山殿は三河国岡崎に住んでいた為、後年創作された話である。

登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小楠 2006, p. 18-19.
  2. ^ 小楠 2006, p. 19.
  3. ^ 小楠 2006, p. 20.
  4. ^ 小楠 2006, p. 31,35.
  5. ^ 小楠 2006, p. 23.

参考文献編集

  • 小楠和正『結城秀康の研究』越前松平家 松平宗紀、2006年。
  • 徳川将軍家墓碑総覧
  • カラー版徹底図解 大奥