青山 京子(あおやま きょうこ、1935年11月23日 - 2020年1月12日[1]は、日本の女優。本名・小林 みどり(こばやし みどり)[1]東京府東京市世田谷区(現東京都世田谷区)出身。夫は俳優・歌手小林旭[1]

あおやま きょうこ
青山 京子
青山 京子
キネマ旬報社『キネマ旬報』第100号(1954)より
本名 小林 みどり
生年月日 (1935-11-23) 1935年11月23日
没年月日 (2020-01-12) 2020年1月12日(84歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市世田谷区
死没地 日本の旗 日本 東京都
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1952年 - 1967年
配偶者 小林旭
主な作品
映画
潮騒』(1954年)
生きものの記録』(1955年)
テンプレートを表示

経歴編集

香蘭女学校中等科卒業後、玉川聖学院高等部在学中の1952年に、東宝丸山誠治監督作品『思春期』に登場する女子高校生役のオーディションを受け、2000人の中から合格し、本名の中西みどり名義でデビューした[2]。映画公開後に青山京子と改名[2]。同年に退学処分となったために、文化学院へ転校して卒業。

東宝の5期ニューフェイスとして演技の勉強を続け、1953年以降50本余の東宝作品に出演した。中でも1954年の『潮騒』は相手役の久保明とのコンビで、女優として大きく躍進する作品となった。1958年にフリーとなり、松竹の『江戸遊民伝』など時代劇女優で脚光を浴び、1960年だけで18本の映画に出演する。1967年、小林旭と結婚し引退した[1]

2020年1月12日、肺がんにより東京都内の病院で死去[1]。84歳没。

エピソード編集

主な出演作品編集

映画編集

 
若い樹』(1956年)。右は山田真二。下は佐野周二
 
若き日の信長』(1959年)。左から青山京子、金田一敦子市川雷蔵

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e "小林旭の妻、元女優・青山京子さん死去、84歳". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-16. 2020-01-16閲覧.
  2. ^ a b 『日本映画史研究(2) 東宝映画50年のあゆみ(2)』 19頁。

参考文献編集

外部リンク編集