メインメニューを開く

長田 悠幸(おさだ ゆうこう、1975年12月7日[1] - )は、日本漫画家静岡県出身。血液型はO型。既婚。趣味は草野球とアニメーション制作。旧ペンネームは長田裕幸

長田悠幸
本名 長田悠幸
生誕 (1975-12-07) 1975年12月7日(43歳)
日本の旗 日本静岡県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1996年 -
ジャンル 王道少年漫画
代表作 SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん
受賞 ちばてつや賞
公式サイト 長田悠幸歯車競走
テンプレートを表示

経歴編集

1996年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)にてデビュー。『マガジンSPECIAL』(講談社)を経て2005年に『週刊少年マガジン』(講談社)で『トト! the wonderful adventure』を連載。その時にペンネームを変更。2006年、『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』の作画を担当。2007年から2008年にかけて、『マガジンSPECIAL』にて『TRIBAL 12』を連載していた。2008年10月から12月まで『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』のアニメが放送された。同年11月より『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて『RUN day BURST』を、2012年から『ヤングガンガン』にて『キッドアイラック!』、2013年から『ビッグガンガン』にて『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』を連載。長田の作品中、最長の連載となっている。

人物編集

デビュー当時はスクリーントーンの存在を知らず、灰色のペンで描いていた。デビュー後もペンの使い方をアシスタントから学ぶ。また、ちばてつや賞に応募したにも拘らず、ちばてつやの存在を知らなかった。一時期は『オズの魔法使い』を元にしたファンタジー漫画を描いていたが、『オズの魔法使い』にそこまで思い入れがある訳ではない。

大喜利を趣味としており、「タピ岡ススル」の名前で多くの大喜利イベントに参加している[2]2018年森田まさのりとアマチュアのお笑いコンビ「漫画家」を結成し、M-1グランプリ2018にて準々決勝まで進出、ベストアマチュア賞を受賞した。

作風編集

尊敬する漫画家に宮崎駿を挙げており、宮崎の作品に大きく影響を受けている。大喜利ギターなど、自身の趣味を作品に反映させることが多い。堀越耕平は長田の絵を、「少年漫画の完成形」と称していた[3]フキダシでキャラを指定しないことが多い。長田が駄洒落好きなことから、作中にそれが多く見られる。口の中(舌を含む歯以外の部分)を黒く塗るスタイルを貫いており、前述の堀越もそれに倣っている。デビュー当時はフキダシの文字まで手書きという、実験的な取り組みが見られた。

作品リスト編集

連載中の作品編集

連載が終了した作品編集

読み切り作品編集

短編集編集

  • 東京純白化計画(2003年2月、エンターブレイン)
  • 歯車競走(2003年2月、河出書房新社)

編集

  • edge(作品集)

小説(作画担当)編集

  • 『ガッツ&ブラッド - 蒸気帝国騒動記』 GA文庫 2008年2月

アニメ(作画担当)編集

  • パパのマーチ
  • JACK NICOLSON

その他編集

関連人物編集

師匠編集

アシスタント編集

  • 依田瑞稀

脚注編集

外部リンク編集