長谷川 仁(はせがわ じん、1919年大正8年)4月13日 - 1994年平成6年)3月11日[1])は、日本の政治家自由民主党参議院議員(2期)。

人物・経歴編集

茨城県出身。1938年上智大学新聞学科卒業。卒業後は同盟通信記者となり、戦後の1946年に産経新聞社に入る。産経新聞では香港台湾各支局長、東南アジア総局長、東京本社論説委員などを歴任する。1962年の第6回参議院議員通常選挙自民党公認で全国区から立候補して当選する。以来当選2回、この間に防衛政務次官、参院外務委員長、参院沖縄及び北方問題特別委員長などを務めた。1974年の第10回参議院議員通常選挙で落選した。1994年死去。

受賞編集

韓国一等修交勲章〔昭和45年〕
中華民国大綬景星勲章〔昭和47年〕
チャイナアカデミー名誉文学博士号〔昭和47年〕
勲二等瑞宝章〔平成1年〕[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』484頁。
  2. ^ 長谷川 仁 コトバンク 2020年4月8日閲覧

参考文献編集