メインメニューを開く

長野工藤氏(ながのくどうし)は、伊勢国に勢力を持った有力国人である。単に長野氏とも呼称されるが、元来は工藤氏を称していたため、他の長野氏と区別するために、「長野工藤氏」と呼称されている。後の通字は「(ふじ)」

長野工藤氏
家紋
三つ引両
本姓 藤原南家乙麿(乙麻呂)
家祖 長野祐政
種別 武家
出身地 伊勢国安濃郡長野
主な根拠地 伊勢国安濃郡長野
著名な人物 長野信包
支流、分家 分部氏
細野氏
雲林院氏
凡例 / Category:日本の氏族

目次

出自編集

藤原南家乙麿(乙麻呂)流の一族で、曾我兄弟に殺された工藤祐経の三男・祐長が、伊勢平氏残党の討伐のため、伊勢国長野の地頭職となって安濃郡奄芸郡の2郡を給わり、その子・祐政が長野に来住して長野氏を名乗ったのが、長野氏の起源である。

歴史編集

鎌倉時代から伊勢国中部の有力国人として君臨したが、南北朝時代に入ると、南朝国司北畠氏が伊勢に進出する。このため、長野氏は北朝方にくみして伊勢の覇権を争った。ちなみに、この時代に書かれた『梅松論』にも「長野工藤三郎左衛門尉」という名乗りの人物が登場している。

南北朝時代が終焉しゅうえんした後も北畠氏との抗争は続き、1429年正長元年)に北畠満雅明徳の和約に基づく両統迭立を求めて蜂起すると、長野満藤は幕府方に味方し、ほかの諸将らとともに満雅を安濃郡岩田川で敗死に追い込んでいる(岩田川の戦い[要出典]長野氏はこの功績により、幕府から北畠家の一志郡を与えられた[要出典]1467年からの応仁の乱でも、長野氏は西軍(山名宗全側)、北畠氏は東軍(細川勝元側)に属してそれぞれが争った[要出典]

戦国時代に入っても抗争が続いたが、やがて北畠氏に英主と言われる北畠晴具が現れ、そのもとで勢力を拡大してくると、長野氏は徐々に押され気味となった[要出典]。また、近江六角氏の北伊勢に対する圧力も強まると、長野氏の第15代当主・長野藤定は次第に力を失っていった。

1558年永禄元年)、藤定は晴具の嫡男・北畠具教の攻勢の前に遂に屈服し、具教の次男・具藤(長野御所)を養嗣子として迎えた上で、長野氏第16代の家督を継がせた[要出典]。これにより両家は講和し、長野氏は北畠氏の傘下となった。

晴具の没後まもなく、尾張織田信長が伊勢に侵攻してくる。晴具の後を継いだ具教と、長野氏の当主である長野具藤は織田軍に抵抗したが、信長の攻勢の前に敗れ、北畠氏は信長の次男・茶筅丸を、長野氏は信長の弟・信包を養嗣子として迎えた上で家督を譲ることを余儀なくされ、北畠・長野両家は今度は織田氏によって傘下に置かれたのである。

そして1576年11月、信長の命令で北畠具教が暗殺された後、具藤も田丸城で北畠一族もろとも殺される(三瀬の変)。信包も後に織田姓に復し、国人領主としての長野氏は滅亡した。

その後も長野氏の一族や家臣団は信包に仕え続けたため、旧長野氏一派による伊勢中部の支配体制自体は継続したが、1594年に信包が豊臣秀吉に改易されたため、それに伴い長野氏の一族や家臣団は離散した。 なお一族の分部光嘉は改易されることなく、その後も伊勢上野城主として秀吉に仕えた。分部氏はのちに水口藩主家となるが、養子を度々迎え江戸時代中頃には血縁的に断絶した。そして昭和期に入り家自体も断絶した。

系譜編集

一族・家臣団編集

脚注編集

  1. ^ 滝川一益の子。
  2. ^ 北畠具教の次男。
  3. ^ 織田信秀の四男。

関連項目編集