開善寺 (飯田市)

歴史編集

寺伝によると1335年建武2年)小笠原貞宗清拙正澄を開山として創建されたとされる。1427年応永34年)には室町幕府より十刹に列せられた。

室町時代後半になると寺は衰え、1499年明応8年)には火災による堂宇の焼失もあった。しかし1549年天文18年)、松尾城小笠原信貴により復興され、1601年慶長6年)には寺領35石になるまでに至った。この復興の頃、現在の妙心寺派に転派した。

重要文化財の山門を除く、本堂や経蔵などは江戸時代に建立されたもので、このうち梵鐘は戦国時代に持ち去られ、現在は伊那市高遠町(旧高遠町)の桂泉寺にある。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

 
絹本著色八相涅槃図
  • 山門 - 室町時代の建立。元来三間楼門(柱間3間の2階建て門)だったものだが、現在は単層切妻造となっている。1954年重要文化財に指定。
  • 絹本著色八相涅槃図
  • 画文帯四仏四獣鏡 飯田市御猿堂古墳出土

参考文献編集

  • 『探訪 信州の古寺 禅宗』1996年 郷土出版社

外部リンク編集

関連項目編集