メインメニューを開く

間ノ岳(あいのだけ)は、北アルプス穂高連峰の西穂高岳奥穂高岳の間にある小ピークである。標高は 2,907 m。 西穂高岳と奥穂高岳をつなぐ縦走路は一般登山道としては日本でもっとも危険な難路といわれ、間ノ岳はこの縦走路上にある。

間ノ岳(北アルプス)
間ノ岳
西穂高岳と間ノ岳(中央)・前穂高岳より
標高 2,907 m
所在地 日本の旗 日本
長野県松本市
岐阜県高山市
位置 北緯36度16分53秒
東経137度38分01秒
座標: 北緯36度16分53秒 東経137度38分01秒
山系 飛騨山脈
間ノ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

周辺の山編集

周辺にある小屋編集

関連項目編集

外部リンク編集