メインメニューを開く

西穂山荘(にしほさんそう)は、岐阜県高山市北アルプス主稜線上、西穂高岳の南にある山小屋。北アルプス南部では、唯一の通年営業の山小屋。

西穂山荘
西穂山荘(左:別館、右:本館)
西穂山荘(左:別館、右:本館)
ホテル概要
運営 (西穂山荘事務所)長野県松本市中央1-11-25
開業 1941年(昭和16年)
最寄駅 高山駅
最寄IC 平湯IC
所在地 〒506-1422
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂字獄715
位置 北緯35度15分56.47秒 東経137度37分4.09秒 / 北緯35.2656861度 東経137.6178028度 / 35.2656861; 137.6178028座標: 北緯35度15分56.47秒 東経137度37分4.09秒 / 北緯35.2656861度 東経137.6178028度 / 35.2656861; 137.6178028
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 西穂山荘の位置

概要編集

2010年平成22年)7月現在、村上文俊が経営。中部山岳国立公園内にあり、小屋の脇にはキャンプ指定地がある、周辺の登山道では、高山植物が見られる。 西穂山荘へは、上高地からのルートと、新穂高温泉から新穂高ロープウェイを利用したルートの2登山道がある。 山小屋からは、西穂独標までの登山や、焼岳小屋を経由して焼岳への縦走などが可能。西穂独標から先、西穂高岳へは上級者コースとなる。また、西穂高岳から奥穂高岳への縦走は、超熟練者のみが許される難コースである。安易な覚悟と経験で立ち入ることは厳禁である。

  • 定員:300名
  • 営業期間:通年
  • 宿泊料金:1泊2食つき 9,000円、素泊まり 6,500円
    • (なお、冬季は300円アップ)
  • 水場:なし(沢からのポンプ汲み上げ)
  • テント場:25張り
  • 入浴施設:なし
  • レストハウス(売店)の別館がある。
  • 小屋内で、西穂写真展が開催されている。
  • 西穂高診療所が併設されている。
東邦大学医学部による夏山診療所。開設期間は例年7/20~8/20頃。受診は無料(ボランティア活動の一環で実施しているため)

沿革編集

 
新穂高ロープウェイの西穂高口駅の展望台から望む西穂山荘

その他編集

周辺の山小屋編集

周辺の山編集

 
北側の登山道から望む西穂山荘と焼岳、小屋の東側にキャンプ指定地が隣接する

脚注編集

参考文献編集

  • 金子博文『北アルプス山小屋案内』山と溪谷社、1987年6月。ISBN 4635170225
  • 柳原修一『北アルプス山小屋物語』東京新聞出版局、1990年6月。ISBN 4808303744

関連項目編集

外部リンク編集