メインメニューを開く

間宮氏(まみやし)は後北条氏に仕えた一族である。笹下城を本拠とし、間宮信元間宮康俊玉縄衆に所属していた[1]

また、間宮綱信も北条氏照の重臣であり、武蔵国久良岐郡氷収沢郷(現在の横浜市磯子区)に所領を有していた。八王子城が落城した後、綱信は徳川幕府の幕臣となった。子孫は500石の旗本となり、氷取沢村周辺を知行していたという[2]

なお、氷取沢村のほかにも、久良岐郡直轄領の代官は間宮彦次郎を務め、久良岐郡杉田村の支配を間宮信繁が行っていた。[3]

なお、間宮綱信の子孫にあたる人物として、江戸時代後期の旗本・間宮士信がいる。士信は『小田原編年録』を編纂した。この文献は、後北条氏・間宮氏研究において有用な史料となっている[4]

脚注編集

  1. ^ 山本光正『東海道神奈川宿の都市的展開』文献出版1996年、115頁。
  2. ^ 開沼正江戸の防衛と八王子 傭兵集団配備の意味再考」(『通信教育部論集』2号、創価大学1998年)、13頁。
  3. ^ 中野達哉関東領有期、武蔵国における徳川氏の検地と在地把握について』(『駒澤史学』50号、駒澤大学、1997年)、86頁。
  4. ^ 下山治久『戦国北条氏五代の盛衰』東京堂出版2014年、29-30頁。