関義

フランス文学者、翻訳家

関 義(せき ただし/よし、1914年7月12日[1]- ?)は、フランス文学者翻訳家

神奈川県生まれ。1933年アテネ・フランセ卒業。国立国会図書館司書。エミール・ゾラなどフランスの文学を翻訳した。

著書編集

  • 『展覧会の絵』前衛社 1971

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』