メインメニューを開く

関 英雄(せき ひでお、1912年1月24日 - 1996年4月12日)は、日本児童文学者

関英雄
Seki hideo.jpg
1942年、『北国の犬』出版記念会にて
誕生 1912年1月24日
愛知県
死没 1996年4月12日
職業 児童文学作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1942年 - 1996年
デビュー作 『北国の犬』(1942年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

名古屋市生まれ。働きながら立正商業学校卒業。読売新聞社都新聞、帝国教育会出版部、日本少国民文化協会などに勤める、坪田譲治びわの実学校に参加。

1942年、『北国の犬』を上梓、作家デビュー。戦後1946年、『子供の広場』(新世界社)の編集に携わり、同年、日本児童文学者協会を創立、1965年、理事長となる。1972年、『小さい心の旅』で日本児童文学者協会賞サンケイ児童出版文化賞、また同作品と『白い蝶の記』で赤い鳥文学賞受賞。また1984年、『体験的児童文学史』で日本児童文学学会賞、1985年、日本児童文学者協会賞受賞。巌谷小波文芸賞受賞。1991年には日本児童文学者協会の第11代会長に就任したが、1996年の創立50周年記念総会を前にして亡くなる。児童文学界の大御所的存在だった。

思想史家関曠野は息子である。

著書編集

  • 北国の犬 有光社, 1942
  • つばめのやくそく 紀元社, 1943
  • みずうみの少年 愛育社, 1947
  • 星の世界へ ペリカン文庫, 1948
  • きつねのチョコレート 講談社, 1948
  • わんぱく小僧 川流堂書房, 1948
  • 魔法の靴をはいた話 桜井書店, 1948
  • うそじいさんのほんとうの話 山川書店, 1949
  • リビングストン あかね書房, 1952 (小学生伝記文庫)
  • からすのゆうびんや 泰光堂, 1954
  • 児童文学論 新評論社, 1955 (教育新書)
  • ひらがなわたなべかざん 金の星社, 1957
  • おりこうわんわん しつけのどうわ 実業之日本社, 1957
  • めいたんていカッコちゃん 宝文館, 1958
  • 荒野の星 金の星社, 1959 (西部小説選集)
  • 赤いゴンドラ 小峰書店, 1970
  • 白い蝶の記 新日本出版社, 1971
  • 小さい心の旅 偕成社, 1971 のち講談社文庫
  • アリゾナの勇者 金の星社, 1972 (ウエスタン・ノベルズ)
  • キツネが走るブタがとぶ 童心社, 1976 のちフォア文庫
  • うみからきたこぼうず あかね書房, 1978
  • ひるもよるも空がもえた ポプラ社, 1980 (絵本・すこしむかし)
  • おにのような女の子 偕成社, 1980
  • 体験的児童文学史 理論社, 1984
  • 白ねこベルの黒い火曜日 岩崎書店, 1988
  • 銅像になった犬 日本児童文学全集 (河出書房)
    • その他外国ものの児童向け翻訳、民話編纂ものなど多数

共編編集

関連項目編集