阪和銀行

株式会社阪和銀行はんわぎんこう)は、かつて営業していた日本第二地方銀行である。和歌山県(本店を含め32店舗)をはじめ、大阪府(19店舗)、兵庫県東京都(各1店舗)に支店があった。1996年11月21日に経営破綻。破綻前の本店は和歌山市八番丁に存在した。銀行コードは、「0559」を使用していた。

阪和銀行のデータ
統一金融機関コード 0559
SWIFTコード 不明
代表者氏名 新居健(しんきょ たけし)(頭取:)
店舗数 52
設立日 1941年8月(興紀無尽、3社の合併)
所在地
〒640
外部リンク なし
テンプレートを表示

本項では経営破綻後に預金払い戻しのための銀行として設立された株式会社紀伊預金管理銀行(きいよきんかんりぎんこう)についても述べる。

なお、旧阪和銀本店の跡地は、現在、和歌山市消防本部・和歌山市中消防署の合同庁舎となっている。

沿革編集

  • 1925年 - 紀南無尽株式会社が、和歌山県田辺市で設立される。以後、1926年までに、新宮無尽株式会社・福徳無尽株式会社が順次設立される。
  • 1941年 - 同年8月までに、上記3社が順次合併を行い、興紀無尽株式会社となる。
  • 1951年10月 - 相互銀行法の施行に伴い、相互銀行に業態転換。株式会社興紀相互銀行に商号変更。
  • 1989年
  • 1993年8月5日 - 副頭取の小山友三郎が何者かに射殺される。
  • 1995年
    • 3月 - 系列のノンバンク会社2社を清算。本体である阪和銀は無配に陥る。
    • 7月7日 - 最後の頭取となる新居健(しんきょ たけし)が、当時の大蔵省(現在の財務省)から就任し、経営再建を任ぜられる。
  • 1996年11月21日 - 中間決算の発表が出来ず、そのまま経営破綻。大蔵省より、銀行法第26条に基づき、預金の払戻し以外の業務の停止命令を受ける(日本の銀行としては戦後初めての事態)。当行をメインバンクとしていた取引先は新たなメインバンクを探す必要があり、行政や当行の協力の元、主に紀陽銀行へとメインバンクを移すこととなり、現在に至る[1]
  • 1997年
  • 1998年1月26日 - 紀伊預金管理銀行に営業を譲渡。同日、阪和銀行は解散。
  • 2002年
    • 3月31日 - 紀伊預金管理銀行が解散(当日は日曜日のため、営業最終日は3月29日)。払戻し請求の無かった預金は、和歌山地方法務局に供託された。
    • 6月27日 - 紀伊預金管理銀行が清算完了。
  • 2003年1月31日 - 第5期臨時清算総会により清算完了。なお、この時点まで阪和銀行株券は名義書換が可能であり、年1回株主総会も開催されていた。
  • 2008年8月5日 - 阪和銀行副頭取射殺事件の公訴時効成立。

脚注編集