メインメニューを開く

阿佐田哲也杯(あさだてつやはい)は、東京都立川市立川競輪場で行われていたFIクラスの競輪競走

色川武大(阿佐田哲也の別筆名)が競輪をこよなく愛していたことにちなんで12月最後の大会をこのように名付けた。KEIRINグランプリが同競輪場で行われる場合、決勝戦はKEIRINグランプリの前座のレース(1つ前のレース)として行われていた。

2004年以前は毎年行われていたが、2005年以降はこのレースは行われなくなった。KEIRINグランプリシリーズのS級戦としては、2008年より、阿佐田と同じ直木賞作家で競輪に造詣が深かった寺内大吉の名前を冠した『寺内大吉記念杯競輪』が、その開催場にかかわらず行われることとなっている。