メインメニューを開く

立川競輪場(たちかわけいりんじょう)は東京都立川市曙町にある競輪場。施設所有および主催は立川市。競技実施はJKA東日本地区本部関東支部。レース実況はVOICE TRUST加奈山翔が担当している。2018年3月まではフリーアナウンサーの筒井大輔が担当していた。

立川競輪場
Tachikawakeirinjo.jpg
基本情報
所在地 東京都立川市曙町3-32-5
座標 北緯35度42分7.7秒 東経139度25分22.8秒 / 北緯35.702139度 東経139.423000度 / 35.702139; 139.423000座標: 北緯35度42分7.7秒 東経139度25分22.8秒 / 北緯35.702139度 東経139.423000度 / 35.702139; 139.423000
電話投票 28#
開設 1951年(昭和26年)10月17日
所有者 立川市
施行者 立川市
走路 400m
重勝式投票 Kドリームス
Dokanto!(他場開催も実施)
公式サイト ~駆け抜ける感動~たちかわ競輪
実況
担当 筒井大輔(2018年3月まで)
加奈山翔(2018年4月から)
記念競輪
名称 鳳凰賞典レース
開催月 1月
テンプレートを表示

目次

概要編集

1951年(昭和26年)10月17日に立川市営の競輪場として開設された。後楽園競輪場休止以降は東京の人口ボリュームから最も集客力のある競輪場として知られ、東京を代表する競輪場である。またKEIRINグランプリ発祥の地としても知られ、実際にKEIRINグランプリはこの競輪場での開催が圧倒的多数である。

ビッグレースは、過去に1979年(昭和54年)・1985年(昭和60年)・1988年(昭和63年)・1993年(平成5年)・2002年(平成14年)・2006年(平成18年)・2013年(平成25年)には日本選手権競輪が、1981年(昭和56年)にはオールスター競輪が、それぞれ行われた。また、1985年(昭和60年)からはKEIRINグランプリが開催され続けており、直近の2016年(平成28年)まで初回から通算20回開催されている。今後は、2019年12月28日から30日まで3年ぶりに寺内大吉記念杯グランプリシリーズ(初日オッズパーク杯ガールズグランプリ・2日目ヤンググランプリ・最終日KEIRINグランプリ)の開催が予定されている。このほか、2013年東京国体では自転車競技のトラックレース会場としても使用された。

記念競輪 (GIII)は毎年1月に「鳳凰賞典レース」を開催しており、その開催が年明け早々に行われることから、初日の初日特選競走は「初夢賞」の名称が付けられてる(2018年までは2日目)[1])。また恒例として「ギャンブルの王様」と評したほど競輪を愛した作家・色川武大(阿佐田哲也)の功績を称えた「阿佐田哲也杯」が毎年(KEIRINグランプリが立川で開催される時はアンダーカードとして同時に)2004年まで行われていた。2009年からは『江戸鷹』と呼ばれ、当地で開催された第32回日本選手権競輪で地元制覇を成し遂げるなど数々の戦績を残した山口健治を讃え「山口健治杯」が開催されている。

発走時刻の遅いKEIRINグランプリへの対策[2]として照明設備が整っており、仮設設備の増強でナイター競走開催も可能となっているが、現状ではミッドナイト競輪を含む平常時のナイター開催は行われていない(但し、ミッドナイト競輪は前橋競輪場を借り上げて開催している)。

立川競輪としてのマスコットキャラクターはいないが、シンボルマークなどで伝統的にイーグル白頭鷲)を使用しており、KEIRINグランプリ開催告知のポスターでは必ず白頭鷲が描かれている。

トータリゼータシステム日本トーターを採用している。

立川競輪のイメージソングは「WINNING RUN」である。以前はテレビ・ラジオCMで流れてたほか、別記のテレビ中継にもインストバージョンが使用されている。

重勝式投票編集

車番連勝式勝者投票券を1995年9月15日から(年末のKEIRINグランプリ'95でも)、新賭式(7賭式)を前橋と共に2001年9月30日からと[3]、他場にさきがけて発売してきた立川競輪場。

他の公営競技同様、売上が減少傾向にあり、打開のため平塚競輪場の「チャリロト」に続き、キャリーオーバー発生時に最大12億円の配当金が得られる可能性がある重勝式投票方式Kドリームス」を2008年4月25日より発売開始した。

2012年4月5日からは別の重勝式としてDokanto!(ドカント)を発売している。これは立川市が施行者として全競輪場のGIII以上および特定の開催において重勝式を発売するもの [4]で、キャリーオーバー制および最大12億円の配当は共通となっている。なおDokanto!の実施に伴い、Kドリームスの「BIG DREAM」における立川競輪場分のキャリーオーバーを「Dokanto!4two」へ移動することになり、3月30日の開催をもって立川のBIG DREAMは発売終了となった。なおK5とK3の販売は継続される。

2013年1月16日よりKドリームスの取り扱い会社でもある日本トーターが『ギャンブーベットターミナル』を設置したことにより、場内で「GambooBET」を介してKドリームスおよびDokanto!の現金投票が行えるようになった。

バンク特徴編集

 
第4コーナースタンドより

走路は1周400mだが、直線距離は全国でも有数の長さである。これは普通の競輪場と緩和曲線の構造が異なるレムニスケート曲線(一心円[5])を採用しているためだが、このためコーナーのカーブが急であるため、まっすぐ走っていても直線へ入る直前に外側へ膨れてしまうケースが時々見受けられる。

これらの事から後方を走る選手が前へ突っ込むコース取りを決めやすく、また直線の長さを生かして前の選手を捕らえやすいため、追込選手に優位となっている。

場内に大画面映像装置を初めて設置した競輪場であり、1988年に1センター側へ設置した。

アクセス編集

テレビ中継編集

スカパー!での放送があるが、グレードレース以外は競輪専門局「SPEEDチャンネル」で放送されることはない。通常は「たちかわ・西武園競輪チャンネル」で放送する。なお、2014年3月開催までは寄席チャンネル、2015年3月開催までは「EXライブ」で放送されていた。

2018年の記念競輪は、SPEEDチャンネルでは放送されなかった。なお「たちかわ・西武園競輪チャンネル」は2019年3月31日(日)をもって放送を終了となった。この関係で、2019年4月からはSPEEDチャンネルで全ての開催を中継するようになった。

また、立川市に本社を置くケーブルテレビ局「ジェイコム多摩」ではCS084チャンネルで本場および場外開催のレースを放送している。

歴代記念競輪優勝者編集

場外車券売場編集

場内改修編集

立川競輪場では近年の車券売上額低下から特定規模電気事業者サミットエナジーから電力を購入するなど経費削減に取り組んでいる[6]が、その一方で設備投資のための基金は確保していたことから、場内の大規模な施設改修に取り組むことになった[7]

計画では、北東側の道路拡張計画に伴い売店施設などを撤去するため、ホーム側特別観覧席裏側の投票本館を全面改築して対応し、第4コーナースタンドは完全撤去して公園スペースに替え、その他の特別観覧席やバンクなどは全面的に耐震補強やリフォームを行なうとしている[8]

工事は2012年9月より開始され、まずバンクの改修を行ない、2013年からは開催と並行して施設の改修を行なっている。

2016年12月8日に、メインスタンドをリニューアルオープン。第4コーナー側のスタンドを取り壊して丘を新設。場内の分煙化も導入した[9]

エピソード編集

1985年11月2日プロ野球日本シリーズを制した阪神タイガースの日本一祝勝会が、この立川競輪場3階の特設会場で行われた[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2019年1月からGIIIがわかりやすく、おもしろくなります!(概定番組改正)”. KEIRIN.JP (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ 年末の立川市は、夕方4時半過ぎでは日の入りとなっている。
  3. ^ 3連単・504通り ドリーム車券の楽しみ 日刊スポーツ 第55回 日本選手権競輪特集
  4. ^ 重勝式統一発売の実施について - KEIRIN.JP・2012年2月24日
  5. ^ 場内マップ/施設ガイド - たちかわ競輪
  6. ^ 立川市・特定規模電気事業者(PPS)からの電力供給について
  7. ^ 立川市・立川競輪場の将来像について
  8. ^ 立川市・施設改修基本計画(pdf)
  9. ^ 【たちかわ競輪】12月8日メインスタンドリニューアルオープン! - KEIRIN.JP 2016年12月8日
  10. ^ 日刊スポーツ(大阪版)2014年12月13日付3面「喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年」日本一の1日(13)

外部リンク編集