メインメニューを開く

阿部 正瞭(あべ まさあきら)は、江戸時代後期の大名陸奥国白河藩3代藩主。忠秋系阿部家11代。

 
阿部正瞭
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年8月20日1813年9月14日
死没 天保9年4月10日1838年5月3日
改名 松平信賢→阿部正瞭
別名 益之助
戒名 成徳院殿行誉自昭翠山大居士
墓所 東京都台東区蔵前の西福寺
官位 従五位下能登守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
陸奥白河藩
氏族 大河内松平氏阿部氏
父母 父:松平信明 母:神原氏娘・利和
養父:阿部正篤
兄弟 某、松平信順、篤之助、泉吉郎、
本庄道貫松平信厚津軽順承、某、
深井信恭、某、松平忠質内藤忠行
大森頼実正瞭松平孝、雅、栄、従、錦、厚、睦、庸
養兄弟:
正室:松平康任養女[1]
善七郎、禎之進、拎鋼、女子
養子:正備[2]
テンプレートを表示

経歴編集

文化10年(1813年)8月20日、三河国吉田藩主・松平信明の十四男として江戸谷中で生まれる。文化13年(1816年)9月2日に旗本杉浦房次郎の仮養子となる。天保2年(1831年)10月に陸奥白河藩主・阿部正篤の養子となり、間もなく正篤が隠居したため家督を継いだ。

幼少期から聡明として知られ、天保7年(1836年)6月17日に奏者番に任じられ、天保8年(1837年)7月20日には寺社奉行を兼任するなど、将来を嘱望されていたが、正瞭は病弱だったため天保9年(1838年)5月12日(実際は4月10日)に26歳で死去した。家督は養子の正備が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 永井直与の娘
  2. ^ 大村純昌の五男