メインメニューを開く

永井 直与(ながい なおとも)は、摂津高槻藩の第10代藩主。

 
永井 直与
Nagai Naotomo.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 天明5年4月27日1785年6月4日
死没 弘化3年7月7日1846年8月28日
改名 虎之助(幼名)、直与
戒名 徳翁宗寿瑞鳳院
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
摂津高槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直進、母:松平信礼の娘・喜鶴
兄弟 直与直成伊奈忠敬堀田正義
植村泰成中川忠愛永井直和
正室:太田資順の娘、継室:松浦清の娘・伯
直寛直輝
娘(阿部正瞭正室・松平康任養女)

天明5年(1785年)4月27日、第9代藩主永井直進の長男として生まれる。寛政12年(1800年)12月16日、従五位下左京亮に叙任する。後に飛騨守に改める。文化6年(1809年)8月23日、直進の隠居により家督を相続する。幕領5万900石を預かる。文政5年(1822年)3月18日、京都火消役を命じられる。天保9年(1838年)4月7日、京都火消役を命じられる。天保13年(1842年)11月18日、隠居して次男の直輝に家督を譲る。弘化3年(1846年)7月7日に死去した。享年62。

藩財政再建のため、藩政改革を行い、農業技術の向上や菜種生産の増加、藩校創設による教育の普及などを行うが、村方騒動が起こって失敗した。