メインメニューを開く

陸俊(中国語: 陆俊拼音: Lù Jùn、りく・しゅん、ルー・ジュン、1959年3月19日 - )は、中国サッカー審判員である。

2010年中国サッカー・スーパーリーグまで国際サッカー連盟(FIFA)の国際審判員として活躍していたが、買収・八百長疑惑が生じ、逮捕された。

概要編集

2002 FIFAワールドカップにおいては、新潟スタジアムで行われたクロアチア代表メキシコ代表の試合と、大田ワールドカップ競技場で行われたポーランド代表アメリカ合衆国代表の試合において主審を務めた[1]

2010年、中国サッカー・スーパーリーグにおいて発覚した八百長(買収)疑惑において、他の2人の審判とともに試合を操作した疑いで逮捕された。重罪とみなされた場合、死刑に処せられるところであった[2]が、2012年2月に5年半の懲役と128,000ドルの罰金刑に減刑されている[3]

脚注編集

外部リンク編集