メインメニューを開く

サッカークロアチア代表

サッカークロアチア代表クロアチア語: Hrvatska nogometna reprezentacija)は、クロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるクロアチアのサッカーのナショナルチームである。愛称のヴァトレニは、クロアチア語で炎の男の意味。ユニフォームはクロアチアの国章に使用されている紅白の市松模様を基調とする。

サッカークロアチア代表
国または地域 クロアチアの旗 クロアチア
協会 クロアチアサッカー連盟
愛称 Vatreni (炎の男)
監督 ズラトコ・ダリッチ
最多出場選手 ダリヨ・スルナ(134試合)
最多得点選手 ダヴォール・シューケル(45得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1990年10月17日アメリカ合衆国
2-1
最大差勝利試合 2016年6月4日サンマリノ
10-0
最大差敗戦試合 2018年9月11日スペイン
0-6
FIFAワールドカップ
出場回数 5回(初出場は1998
最高成績 準優勝(2018
UEFA欧州選手権
出場回数 5回
最高成績 ベスト8(1996, 2008)

目次

歴史編集

前史編集

クロアチアはナチス・ドイツの支援の下、1939年から1945年にかけてクロアチア独立国としてユーゴスラビア王国を解体し独立した政権を樹立していた。1940年4月2日にザグレブでスイスと対戦し、4-0で勝利したという記録が残っている。クロアチアはこの後、ドイツイタリアハンガリールーマニア独立スロバキアなどヨーロッパの枢軸国若しくはその傀儡国家と親善試合を行っており、1944年までその数は19を数える。またユーゴスラビア成立後の1956年にクロアチア選抜が結成された記録が残っている。

クロアチア代表の成立編集

クロアチアは、1991年にユーゴスラビア連邦から離脱する以前はユーゴスラビア連邦の一共和国であり、ナショナルチームはユーゴスラビア代表に属していた。

ただし、ユーゴスラビア代表は1980年代中頃からチームとして崩壊に向かっており、クロアチア出身の選手に対してユーゴスラビア代表に加わらないよう政治的圧力がかけられる事がしばしばあった。

こうした状況の中で1990年のワールドカップ直後にクロアチア代表が編成され、首都ザグレブアメリカ合衆国代表を招いてクロアチア代表初となる国際試合が開かれた。この時点でクロアチアは独立していなかったが、連邦からの離脱はほぼ規定路線であった。翌年6月にクロアチアはスロベニアと共にユーゴスラビアから独立するが、ワールドカップ終了後に始まったユーロ92予選にはクロアチア、スロベニア出身の選手は参加していなかった。

クロアチア代表の活躍編集

独立して初のビッグトーナメント参加となったUEFA EURO '96では予選でイタリアに1勝1分で凌ぐなど健闘し一位突破を果たすと、本大会でも8強入りを果たす。

特筆すべきは、1998年のフランス大会での活躍である。欧州予選ではグループ最終戦の開始時点で自力でのプレーオフ進出すら不可能な状況に追い込まれたが、アウェイでスロベニアに勝利する。同時進行のアテネでのギリシャデンマークはギリシャが勝利すれば予選を一位突破し、デンマークがプレーオフに回るという試合だったが0-0の引分でデンマークが一位突破を決め、ギリシャが三位で敗退しプレーオフ進出が転がり込んだ。そこでもウクライナを2試合合計3-1で破り、ワールドカップ初出場を決めた。

本大会ではグループリーグでアルゼンチン以外の日本ジャマイカと共に3チームがワールドカップ初出場と言う特異なグループに入るが、アルゼンチンには敗れたものの、ジャマイカ、日本を破り2位でグループリーグを通過、決勝トーナメントに進出した。

決勝トーナメントでは一回戦でルーマニアを破り、UEFA EURO '96と同じくドイツとの対戦となった準々決勝でも3-0で勝利した。準決勝でこの大会の優勝国となるフランスと対戦。1-2で逆転負けしたものの、3位決定戦ではオランダを2-1で破って3位入りを果たした[1]。この大会で6点を挙げたダヴォール・シューケルが得点王に輝いた。

日韓W杯以降はチームの高齢化などによってしばらく停滞していた時期もあったが、ルカ・モドリッチマリオ・マンジュキッチイヴァン・ラキティッチニコ・クラニチャールエドゥアルド・ダ・シルバら次世代の若手選手が台頭した。EURO2008予選ではホームとアウェーでイングランドに2連勝し、本戦ではドイツに勝ち決勝トーナメントに進出。準々決勝のトルコ戦は延長終了間際に先制したが直後に追いつかれ、大会無敗のままPK戦で涙をのんだ。その後のFIFAランキングは急上昇し、最高で5位まで上がっている。

2010年FIFAワールドカップ予選は主力選手の怪我やイングランド、ウクライナ等の強豪国と同グループになったことから予選3位で終わり、初の予選敗退を喫した。3大会連続出場となったEURO2012ではグループリーグで敗退した。

2014FIFAワールドカップ予選ではグループ2位でプレーオフに進出し、アイスランドを1勝1分けで破り2大会ぶりの本大会出場を決めた。2014 FIFAワールドカップ本大会ではカメルーンには勝利したものの、ブラジルとメキシコに敗れグループリーグ敗退となった。

4大会連続出場となったEURO2016ではグループリーグでスペインに勝利しグループリーグ首位通過でベスト16へと進出したが、ポルトガルと対戦して敗れた。

 
2018W杯準決勝イングランド戦のクロアチア代表選手とサポーター

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では予選敗退の危機に就任したズラトコ・ダリッチ監督がチームを再生させ、プレーオフでギリシャを破り本大会出場を決めた。本大会ではアルゼンチンに3-0で快勝するなど、3戦全勝でグループDを首位で通過した。決勝トーナメントは1回戦のデンマーク、ベスト8のロシア、準決勝のイングランド戦のいずれも先制されながら同点に追いつき、3連連続延長戦(うち2戦がPK戦決着)を勝ち抜いて旧ユーゴスラビアから通しても初めての決勝進出を果たした。決勝戦は20年前の準決勝で敗れたフランスと対戦し、再び2-4で敗れたもののワールドカップ準優勝という成績を残した。なお、この試合でフランスの先制点となったマリオ・マンジュキッチオウンゴールは、ワールドカップ 決勝戦史上初のオウンゴール、かつワールドカップ 史上初の双方シュート0本で得点が決まった事例であった[2]。大会終了後、キャプテンとしてチームを牽引してきたモドリッチがゴールデンボール(最優秀選手)を獲得している。

ユニフォームの変遷編集

 
 
 
 
 
 
 
 
1996-1997 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
1998-2000 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2002-2004 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2004-2006 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2006-2008 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2008-2010 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2010-2012 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
2012-2014 ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
1996-1997 アウェー
 
 
 
 
 
 
 
1998-2000 アウェー
 
 
 
 
 
 
 
 
2002-2004 アウェー
 
 
 
 
 
 
 
 
2004-2006 アウェー
 
 
 
 
 
 
2006-2008 アウェー
 
 
 
 
 
 
2008-2010 アウェー
 
 
 
 
 
 
 
 
2010-2012 アウェー
 
 
 
 
 
 
2012-2014 アウェー

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1994 不参加
  1998 3位 7 5 0 2 11 5
   2002 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 3
  2006 グループリーグ敗退 3 0 2 1 2 3
  2010 予選敗退
  2014 グループリーグ敗退 3 1 0 2 6 6
  2018 準優勝 7 4 2 1 14 9
合計 出場5回 23 11 4 8 35 26

UEFA欧州選手権の成績編集

開催国 / 年 成績
  1996 ベスト8 4 2 0 2 5 5
   2000 予選敗退
  2004 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 6
   2008 ベスト8 4 3 1 0 5 2
   2012 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 3
  2016 ベスト16 4 2 1 1 5 4
合計 出場5回 18 10 6 5 23 20

歴代監督編集

現在のメンバー編集

歴代選手編集

キャップ編集

2018年10月20日現在

  水色は現役代表選手
名前 キャップ数 得点数 期間
1 ダリヨ・スルナ 134 22 2002-2016
2 ルカ・モドリッチ 115 14 2006-
3 スティペ・プレティコサ 114 0 1999-2014
4 ヨシプ・シムニッチ 106 3 2001-2013
5 イヴィツァ・オリッチ 104 20 2002-2015
6 ヴェドラン・チョルルカ 102 4 2006-2018
7 イバン・ラキティッチ 101 15 2006-
8 ダリオ・シミッチ 100 3 1996-2008
9 マリオ・マンジュキッチ 89 33 2007-2018
10 ロベルト・コヴァチ 84 0 1999-2009
11 ニコ・コヴァチ 83 14 1999-2008

得点編集

2018年10月20日現在

  水色は現役代表選手
名前 得点数 試合数 期間
1 ダヴォール・シューケル 45 69 1990-2002
2 マリオ・マンジュキッチ 33 89 2007-2018
3 エドゥアルド・ダ・シルヴァ 29 65 2004-2014
4 ダリオ・スルナ 22 134 2002-2016
5 イヴィツァ・オリッチ 20 100 2002-2015
6 イヴァン・ペリシッチ 20 69 2011-
7 ニコ・クラニチャール 16 81 2004-2013
8 イバン・ラキティッチ 15 101 2006-
8 ゴラン・ヴラオヴィッチ 15 52 1992-2002
ニコラ・カリニッチ 15 40 2007–
11 ルカ・モドリッチ 14 115 2006-
11 ニコ・コヴァチ 14 83 1996-2008

脚注編集

  1. ^ フランスはこの大会で通算2失点(ワールドカップ記録)で、そのうちの1点がクロアチアから失点したものである。また、その1分後にフランスが同点ゴールを挙げるが、この大会でフランスが相手にリードを許したのはこの1分間だけである。
  2. ^ 史上初の珍事が続出! W杯決勝で初めて起こった3つの出来事”. サッカーキング. フロムワン (2018年7月18日). 2018年7月19日閲覧。

外部リンク編集