メインメニューを開く

青山 光二(あおやま こうじ、1913年2月23日 - 2008年10月29日)は、日本の小説家

神戸市生まれ。第三高等学校を経て東京帝国大学美術史学科卒業。在学中の1935年、織田作之助らと同人雑誌『海風』を創刊する。戦後、『旅への誘ひ』(1948)などの私小説風連作を発表。1956年、「法の外へ」で直木賞候補。その後、任侠ヤクザ路線に移行し、『修羅の人』(1960)で再度直木賞候補、『小説新潮』賞を受賞。1976年、「竹生島心中」で三たび直木賞候補。1980年、大正末期の土木業者間の紛争「鶴見騒擾事件」を描いたノンフィクション小説『闘いの構図』で平林たい子文学賞受賞。ほかに『われらが風狂の師』は哲学者土井虎賀寿をモデルとした異色作である。1990年、日本文藝家協会永山則夫入会問題で、入会委員長として入会に強く反対した。2003年、90歳で、私小説「吾妹子哀し」で川端康成文学賞を受賞、異能作家の受賞で世間を驚かせた。

著書編集