メインメニューを開く

鶴見騒擾事件(つるみそうじょうじけん)は、1925年大正14年)の暮れに現在の横浜市鶴見区で起きた乱闘事件。日本最大の喧嘩と呼ばれるこの事件は500人以上の検挙者を出し、騒擾罪(現在の騒乱罪)で起訴された。

目次

大正電力戦争編集

未曾有の大惨事となった1923年関東大震災は、工場用地が東京市およびその近郊から移転する契機となり、神奈川の建設ラッシュに拍車がかかった。松永安左エ門(当時東邦電力副社長)は関東の電力会社を買収し、都心南部および京浜地帯への電力供給を目的とした東京電力(現在の東京電力とは別、通称「東力」)を興す。これにより九州、名古屋と東上していた松永と東京電燈の激突は避けられない状況となった。世に言う電力戦の勃発である。

当時の電力会社は全国に690社が乱立し、シェア争いに狂奔していたが、大手5社が確立すると、地方資本は電力供給権を中央の財閥に売りつけようとする動きを見せて、独占・寡占状態が形成されつつあり、九州、中部といった「地区ブロック」の枠を乗り越えた松永に対し、東京電燈も千住火力発電所を据えて対応を準備した。その一方で、電力会社が許認可事業であったこともあり、この対立は政界をも巻き込んでいくこととなった。

鶴見火力発電所のトラブル編集

事件は1925年(大正14年)に川崎白石町に建設中の東力の火力発電所工事に始まる。当時の白石町は東京湾に面した寂しい場所で、埋立地への交通の便は運河が利用される文字通り「陸の孤島」であり、この立地条件も闘争に逃げ場を生じさせない一因になる。大まかに火力発電所は「水路に水を通し火力により蒸気を発生させ」、「圧力を生じさせた水蒸気がタービンを廻し発電する」構造上、建物は基礎の水路と建屋に分けられる。建設会社の入札が行われた結果、今回の入札は基礎を間組が、発電機を置く建屋工事を清水組(現清水建設)が落札した。

当時はこのように1つの工事現場に担当・工期を分けるケースを出会い帳場と呼び、先に間組が基礎を完成させ清水組へ現場が譲られるはずだった。しかし、基礎が完成したにもかかわらず間組の下請が現場を占拠、測量に着手した清水の測量小屋を東京湾へ投棄するなどした。このため、発電所の工期は遅れ、松永ひいては業界全体の信用を失う危機に陥った清水組だが、この妨害工作は土木業界において隠然たる勢力を有する川崎「三谷秀組」(みやひでぐみ)の中田峰四郎の示唆によるものと世間は見ていた。

三谷秀組編集

三谷秀組とは金井秀次郎率いる土木業者である。明治17年の「大刈込み」と呼ばれる 賭博犯処分規則により賭博犯(すなわち博徒)は裁判なしで10年の懲役という弾圧下におかれるようになり、博徒達の多くは対策として土木建築請負の看板を上げ「組」を名乗るようになっていた。藤沢の「半鐘兼」こと堀井兼吉も土木業界に力を持つ博徒であり、その系譜は現在も続いている。

堀井没後に地盤を継承した金井は数年で関東屈指の大親分へ成長する。この背景には京浜の好景気と三谷秀の総領子分である中田峰四郎の存在が大きい。中田は政友会系の院外団で港湾や工場・運送の顔役たち新興業者達の世話焼きで衆望を得る。中田は、当時では珍しく旧制中学を卒業したインテリで間組の小谷清理事長の後輩だった。

中田峰四郎の喧嘩状編集

清水組は火力発電所工事の下請である青山芳蔵(池袋の鳶職)を窓口にして中田と交渉する。芳蔵の義弟、青山美代吉は鶴見に事務所を構え、中田とも義兄弟の付き合いから、清水への現場の明け渡しを求めるが、中田は逆に「現場を占拠して清水を食っちまおう」と、芯の弱い美代吉を惑わせる。芳蔵は「お店(おたな)」(清水組)のために何度も頭を下げて鶴見へ足を運んでいる。

しかし、言を左右にして妨害を止めようとしない中田の態度に芳蔵は「清水・間・青山・三谷秀」の四者会談をセットして事態の解決を図った。中田はこの席上、青山と共同で工事を行ないたいと申し出る。事態の解決を望む全員が了解したが、その直後、中田は元請に出す工事の見積もり単価に業界の常識を超える高額な値段を書き込み清水組に送りつける。相手が見積もりを呑めないことを承知の上で出したいわゆる「喧嘩状」である。

青山・松尾連合の結成編集

青山芳蔵もここに至って元請への義理から闘争もやむなしと決意。清水組の内山熊八郎工場長へ鍬入れ(工事開始)の日取りを相談している。一方、業界の顔役達は両者の対立を心配し、和解に乗り出している。潮田の松尾嘉右衛門も仲裁人として名乗り出た一人だが、本心では中田が仲裁を蹴ると見ており、その場合は青山組で参戦し、三谷秀勢力を叩こうとする意図があった。過去において三谷秀の横暴に見舞われた松尾にとって、今回の事件はチャンスであり、松尾の読み通りに「青山・松尾連合軍」が結成される。頭数においても喧嘩の経験においても、三谷秀と比較して圧倒的に不利な陣営であったが、この工事をやり遂げなければ清水組の信頼を失い「組の存亡」に関わる青山組の士気は高かった。

激突前夜編集

松尾は自分の親分である東京の中野喜三郎から鴨撃砲(川岸の鴨を脅かす小型の大砲)を借り出して味方の士気を高める。また味方陣営に関西出身が多かったため、西の大組織「淡熊会」に縁を求めて助っ人を頼むアイデアを出している。淡熊会の幹事長・宇和島清蔵(後の会長)は青山・松尾の申し入れを承諾。宇和島自身が実際に箱根の坂を越えて来る。地元の三谷秀側へも神奈川の博徒団体が集結[1]。また助っ人には横浜の土木・運送・工場労務・院外団系壮士・港湾荷役業者の親分衆らも集まる。この両者の動きを鶴見署・川崎署も察知、県警へも報告。県警の刑事部長の説得に両派とも応じずまた凶器も押収されていない。

闘争編集

青山組は万難を排して12月20日に鍬入れをしようと決意していたが、各方面から要請を受けた東力が先延ばしにした。しかし翌21日、横浜にいた中村組は縁のある青山・松尾陣営に参加しようとタクシーに分乗し国道を鶴見へ目指す。鶴見駅の横を過ぎると右折し汐見橋を渡る。潮田大通りを途中で左折すれば松尾組[2]だが不案内のタクシーは直進。埋立地前の道路(現在の産業道路・当時は埋立地の工場の塀の前を海岸電気軌道が走っていた)とぶつかるが、この交差点の角には三谷秀事務所があり、中村組の面々はタクシーから引きずり下ろされ斬られている(結果、1名死亡)。これがきっかけで青山・松尾は潮田一帯に敷かれていた非常線を裏道から抜けると、軌道鉄道まで出て、角の三谷秀事務所までの数百mを進もうとするが、待ち受けていた三谷秀と遭遇。総勢2000人(清水組・青山組側800名、間組・三谷秀組側600名ともいわれる)が激突する市街戦が始まる。闘争は午後3時から夜9時半頃までおよび、多数の死傷者を出す。喧嘩は青山・松尾陣営が三谷秀事務所まで攻め込み、事務所を壊して看板を奪ってきたことで一応は収まった。

調停編集

当時の渡世人である三谷秀には土木事務所の看板に価値を認めておらず、異業種の相違がここでも浮き彫りとなる。しかし闘争が終わった時点で、業界の調整機能が働いて大日本国粋会の面々も顔を出して手打式が行われるが、双方とも首謀者が警察に拘引されるか手配中であり、中野喜三郎ら代理人出席により執り行われる。異業種が多かったためか、手打ち式について注意点を書面化しており、井出英雅の『やくざ覚書』に抜粋した内容がある。

裁判は前述したように騒擾罪で起訴されているため、首謀者である中田峰四郎、青山美代吉(鶴見責任者)、松尾嘉右衛門(宇和島清蔵は首魁幇助)の裁判の行方が注目された。中田は一審でそのまま収監されたが、他は控訴している。控訴審により首謀者は全員無罪となり、事件は終結した。松尾は無罪判決の声で男泣きに泣いたという。

事件が起きた理由編集

土木業者、鳶、博徒、港湾事業者、羽織ゴロ、談合屋、院外団、その他カテゴリーに含まれない奇っ怪な人物たちをも巻き込んで大規模な闘争となったこの事件は清水組と間組の受注競争に関連した代理戦争の面があり、また発注元である東力においても、業界内における電力戦の最中で、工事の発注から事件の勃発まで数ヶ月しかなかったため、和解工作に時間が費やせなかった。

そもそも電力戦の内容は松永安左エ門が東電の縄張りに殴り込み、結果として双方ともに体力を疲弊させ、池田成彬らが仲裁し東電、東力の合併に至る。松永は東電の個人筆頭株主となり、甲州財閥系の影響力は消え、池田成彬の三井銀行は巨額な借入金を外債発行により回収した。あまりに出来すぎな話である。

さらに交渉決裂後には、工事の元請両社とも対決に関する費用の工面を約束していたため、単一の組でも応援を迎えられるだけの資金力を確保できた。

また事件当時の現場一帯は、地元の三谷秀の支配下にあったため、新参にあたる青山組との規模が違いすぎ、博徒としての性格が強かった三谷秀と、鳶としての性格が強かった青山組とでは「異業種」であった点で相互理解がしづらい面があり、仲裁が五分で成立しづらかった。さらに中野ら業界指導者層に三谷秀のような在野勢力の覇権を排除する意図があった上、三谷秀・青山組の両方に何らかの縁がある者が多かったため、仲裁する側も立場の両立を図ることが難しかった。

警察は事前に中止させる強硬手段をとらず、事件発生時には非常線を張るなど迅速であったものの、衝突が起きている間は非常線の守備を主とし、戦闘の前線に向かった者も直接制止は行なわなかった。さらには両陣営の事務所近辺で待機していた警察官の中には関係者に情報を伝えることで事実上手助けを行なっていた者もいた。これは当時の土建業が警察の管轄下にあったため、地元の警察官は日頃から事件の関係者と接触しており、常に何だかの「貸し借り」があったことが伺える。なお2年前の関東大震災において朝鮮人に対する流言が広まった時、雇用者として地元の事情を熟知していた松尾組と三谷秀組の関係者らは共に事態の収拾へ乗りだし、松尾本人など数名が地元住民への説得や保護活動を行なったことを当時の警察関係者が記録として残している。また騒擾事件発生後の一斉取締りにおいて拘束されたものの、すぐ釈放された者の中には大震災時の活動により表彰を受けていた者もいる[3]

後日談編集

  • この事件に関わった人物は後に土木・港湾・運送・工場労務事業などで成功したものが多く、現在も事件に関わった人物および組織の流れを汲む多くの企業がこの地域に存在している。
  • 事件の裁判・差し入れ等の莫大な経費一切を被り青山芳蔵は破産宣告を受けた。組は幹部に任せ40代でリタイア。その後は日本中から「大喧嘩の大将」「今幡随院」と仰ぎ見られ窮屈な思いをしたとされる。宮崎龍介と知り合い頭山満の知遇を得る。宮崎・頭山が何の意図を以って一介の鳶と接触したかは不明だが、晩年、皇姑站で線路に仕掛けられた爆薬で爆死した張作霖について「あの事件は・・」と何かを語ろうとしたとも伝わっている。

松尾嘉右衛門について編集

松尾嘉右衛門はこの事件を契機として、中野喜三郎の引き立てもあり神奈川県の土木建築業界に君臨していく。高額納税者として貴族院議員(1945年 - 1946年)にも就任。松尾工務店、花月園観光社長として花月園競輪場の創始にも関わっている。建設業界への長年の功績により勲四等旭日章を受勲した。反面、県の公共事業に王制を敷いていた河野一郎と喧嘩をするなど、1965年に74歳で没するまで波乱の生涯を送る。流れ者として京浜に着いて旭硝子の工員から出発した松尾の成功物語は、京浜の隆盛を物語る神話といってもよい。

松尾は清水組との縁も深め、下請けでも特に選ばれた「名義人」になっている。この頃の青山組の頭領は鶴見の喧嘩で前線に立ち、その責任を果たした男であった。青山の看板を継承すると、清水組の名義人となり周囲からも器量人と見られていた存在であるが、この松尾の件を聞くと清水組の内山工場長をたずね「松尾さんは稼業に汗を流せる人間じゃないから名義から下ろしてください」と直言したが内山に宥められる。

事件名について編集

なお、本事件は鶴見川対岸の潮田地区が主な闘争の現場であるため、本来は事件を別の名称で呼ぶべきであったとする向きもある[4]。当時は橋一つの「川向こう」でも風土や歴史には大きな違いがあり、そこには日本の資本主義の成長の歪みがあった。[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ この事件に参加した著名なアンダーグラウンドの団体としては二代目山口組、関根組、上万一家、浅草高橋組などがあり、個人としては西宮の諏訪健治、横浜の笹田照一、また村山組のゴンゾウの中には石黒彦市がいた。
  2. ^ 松尾組と青山組は共に東漸寺の裏手に事務所を構えていた。
  3. ^ 『鶴見騒擾事件百科』212-213p・251-254p
  4. ^ 事件当時の行政区域は横浜市編入前の橘樹郡鶴見町であるが、事件現場となる橘樹郡潮田町と合併した直後であり、その町境が鶴見川であったことから。

参考文献編集

  • 青山光二 『闘いの構図』新潮社 1979年(新潮文庫・朝日新聞社朝日文庫)
  • サトウマコト 『鶴見騒擾事件百科』230クラブ 1999年 ISBN 4-931353-35-5
  • 『区政施行五十周年記念 鶴見区誌』
  • 『日本極道抗争史 凄絶!!鶴見ヤクザ大戦争』2010年(竹書房)

関連項目編集