メインメニューを開く

青山 幸孝(あおやま ゆきたか/よしたか)は、江戸時代中期から後期にかけての大名美濃国郡上藩3代藩主。郡上藩青山家7代。

 
青山幸孝
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永7年10月24日1778年12月12日
死没 文化12年11月25日1815年12月25日
戒名 英雲院殿如實浮山大居士
墓所 東京都港区南青山長青山寶樹寺梅窓院浄土宗
官位 従五位下大蔵少輔
幕府 江戸幕府 寺社奉行
主君 徳川家斉
美濃郡上藩
氏族 青山氏
父母 父:青山幸完、母:水野忠友
兄弟 幸孝
毛利就寿婚約者(後水野勝愛正室)、
森川俊知正室(後遠山景祥正室)
正室:島(阿部正倫娘)
側室あり
幸寛幸礼成展
於久二(青山忠裕養女、岡部長慎継室)、
貞(青山忠裕養女、牧野節成正室)、阿充(石川総承正室)、松平信友正室、睦(諏訪頼典室)ら
テンプレートを表示

略歴編集

安永7年(1778年)、2代藩主・青山幸完の長男として誕生。

文化5年(1808年)、父の死去により家督を継ぐ。文化12年(1815年)に寺社奉行となったが、同年11月25日に死去した。享年38。

跡を長男・幸寛が継いだ。