メインメニューを開く

郡上藩(ぐじょうはん)は、江戸時代美濃国(現在の岐阜県郡上市八幡町)に存在し郡上郡の大半と越前国の一部を統治した。藩庁は八幡城八幡藩(はちまんはん)とも[1]

藩史編集

郡上は戦国時代織田信長豊臣氏の家臣であった遠藤氏、次いで稲葉氏の支配下にあった。関ヶ原の戦い稲葉貞通豊後臼杵に移された後、遠藤慶隆も関ヶ原の戦いで東軍に与して戦功を挙げたことから、慶隆は2万7000石を与えられて旧領復帰を許され、郡上藩が立藩した。

第3代藩主・遠藤常友は弟の常昭に2000石、同じく常紀に1000石を分与したため、郡上藩は2万4000石となった。寛文7年(1667年)に城を大改修し、遠藤氏は「城主格」から正式な「城主」として遇されることとなった。第4代藩主・遠藤常春の代である延宝5年(1677年)から百姓一揆と家中騒動が勃発する。常春はこれを天和3年(1683年)に一応鎮めたが、元禄2年(1689年)3月24日に死去した。

常春の跡を継いだ常久はしかし元禄5年(1692年)3月29日に7歳で死亡。嗣子もおらず、本来であれば改易となるところだったが、藩祖・慶隆の功績を賞して存続が許され、将軍側室・お伝の方の甥の遠藤胤親が遠藤家の家督を継ぎ、同年5月に常陸下野両国内で1万石を与えられて移封となった。

同年11月、井上正任が常陸笠間藩から5万石で入った。しかし第2代藩主・井上正岑の代である元禄10年(1697年)6月、丹波亀山藩に移封された。その後に出羽上山藩から金森頼時が入った。ところが第2代藩主・金森頼錦の代である宝暦4年(1754年)から4年の長きにわたって年貢増徴に反対する百姓一揆が起こる(いわゆる郡上一揆)。さらには石徹白騒動白山中居神社の指導権をめぐっての神主派・神頭職派の争い)と続き、頼錦は宝暦8年(1758年)12月に所領を没収されて改易となり、盛岡藩へ身柄を預けられた。

その後、丹後宮津藩から青山幸道が4万8000石で入る。幕末期の藩主・青山幸哉は日本で最初にメートル法を紹介したとされている『西洋度量考』の編者として知られている。最後の藩主・青山幸宜戊辰戦争で新政府側に与したが、家老の朝比奈藤兵衛の子・茂吉凌霜隊を組織して旧幕府側に味方するなど、藩は2つに分かれて混乱した。

明治4年(1871年)の廃藩置県で郡上藩は廃されて郡上県となり、同年11月に岐阜県と福井県に分割され編入された。

歴代藩主編集

遠藤家編集

2万7000石→2万4000石 外様

  1. 慶隆
  2. 慶利
  3. 常友
  4. 常春
  5. 常久

井上家編集

5万石 譜代

  1. 正任
  2. 正岑

金森家編集

3万8000石 外様

  1. 頼時
  2. 頼錦

青山家編集

4万8000石 譜代

  1. 幸道
  2. 幸完
  3. 幸孝
  4. 幸寛
  5. 幸礼
  6. 幸哉
  7. 幸宜

幕末の領地編集

脚注編集

  1. ^ 二木謙一(監修)、工藤寛正編、 『国別 藩と城下町の事典』 東京堂出版、2004年9月、301頁。 
先代:
美濃国
行政区の変遷
1600年 - 1871年 (郡上藩→郡上県)
次代:
岐阜県