青山 幸実(あおやま よしざね)は、江戸時代前期の摂津国尼崎藩の世嗣。官位従五位下大蔵少輔

 
青山幸実
時代 江戸時代前期
生誕 寛永15年(1638年
死没 宝永2年6月17日1705年8月6日
改名 虎助(幼名)、幸実
官位 従五位下大蔵少輔
摂津尼崎藩世嗣
氏族 青山氏(幸成系)
父母 青山幸利加藤明成
兄弟 幸実松平信興正室
井上正利
幸督幸澄青山忠重継室、
内田正勝正室
テンプレートを表示

生涯編集

寛永15年(1638年)、尼崎藩2代藩主・青山幸利の嫡男として誕生。正室は井上正利娘。

承応元年(1652年)、4代将軍徳川家綱に拝謁する。承応3年(1654年)に叙任するが、病弱を理由にまもなく廃嫡された。

代わって幸実の長男・幸督が誕生後に嫡子となった。