メインメニューを開く

青山 幸豊(あおやま よしとよ)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本三河国西広瀬領主。

 
青山幸豊
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦2年(1656年
死没 享保5年3月4日1720年4月11日
別名 百助、藤右衛門
官位 従五位下信濃守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 青山氏
父母 父:青山幸正、母:大炊御門経孝
兄弟 幸豊宮崎重清
正室:大久保忠高
継室:大久保忠重
森川俊英室、幸亮

生涯編集

明暦2年(1656年)、青山幸正の子として誕生。貞享3年(1686年)7月10日、家督を継ぐ。書院番頭小姓組頭を歴任し、元禄7年(1694年)3月28日、伏見奉行となり三河加茂郡内1000石を加増される。元禄9年(1696年)1月15日、駿府城代となり、翌年加茂郡内で1000石を更に加増され5000石を領す。

享保5年(1720年)、在職中に死去。子・幸亮が家督を継いだ。