加茂郡 (三河国)

三河国にあった郡
愛知県加茂郡の位置

加茂郡(かもぐん)は、愛知県三河国)にあった

目次

郡域編集

概ね現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史編集

郡名の由来については京都賀茂神社(鴨社)の神領地であったことに因むという説のほか、矢作川の上流に位置することから名付けられたという説、大鴨積命の治めた土地であることから命名されたという説など複数あり、はっきりしていない。三河国賀茂郡松平郷発祥の松平氏徳川氏)は、賀茂神社の氏子であったため、賀茂神社の神紋である葵紋を、家紋としたと伝えられている。大宝年間以前は鴨評(かものこおり)と1字表記した。

三河国以外にも全国各地に賀茂郡や賀茂郷が存在する。賀茂郡は賀茂神社の神郡とも言われる。

古代は、現在の豊田市(稲武含む)・みよし市・設楽町(名倉・津具)・豊根村(豊根、富山)・長野県根羽村に及ぶ広大な地域であった(現在の長野県境は全域が加茂郡であり、西三河側に属した)。

16世紀に(稲武、名倉、津具、豊根、富山)が設楽郡に郡替えされた。また現在の長野県根羽村の領域が信濃国に編入された。武田信玄の三河侵攻に伴い、領域化されたのが原因という。

以下の7郷が存在した。

  • 賀茂(かも) - 現在の豊田市旭町のあたり。
  • 伊保(いぼ) - 現在の豊田市保見町・伊保町のあたり。
  • 挙母(ころも) - 現在の豊田市中心部周辺。
  • 高橋(たかはし) - 現在の豊田市高橋町・美里のあたり。
  • 山田(やまだ) - 現在の豊田市松平町のあたり。
  • 賀禰(かね) - 現在の豊田市稲武町のあたり。
  • 信茂(しも) - 現在の豊田市下山地区のあたり。

近世以降の沿革編集

所属町村の変遷は東加茂郡#郡発足までの沿革西加茂郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集