メインメニューを開く
1939.11.20

青木 月斗(あおき げっと、1879年明治12年)11月20日 - 1949年昭和24年)3月17日)は、正岡子規門の俳人。本名は青木新護。

略歴編集

大阪市東区(現、大阪市中央区船場の生まれ。若くして神薬快通丸・天眼水本舖の「青木薬房」を継ぐも、後年、俳誌「同人」を主宰して各地句会の指導に当たり、家業を廃して俳句に専念する。その雄渾流麗な独特の書風でも広く親しまれた。

その文学的素地としては、文芸好きな母方の血筋を享け、小学校時代の教師に文学家の斎藤黙蛙、友人に、後に画家の西山翠嶂、赤松麟作、俳人の山中北渚、松村鬼史がいた。1894年道修町に転居し、大阪薬学校に入学するも中退して家業に従事する。

1897年頃より俳句を始め、初めの号は月兎(げっと)。家業の傍ら、友人たちと俳句活動に励む。東京の新聞「日本」、俳誌『ホトトギス』に投句し、正岡子規に認められる。1898年秋に友人と三日月会を発足させ、1899年10月に主幹発行した俳誌「車百合」は関西俳誌の嚆矢となった。創刊に際し、正岡子規から「俳諧の西の奉行や月の秋」の祝句を贈られた。同年12月に上京、根岸庵の正岡子規を訪い、一泊の上、翌日の蕪村忌に列席している。以降「倦鳥」の松瀬青々と並び、大阪俳壇の草分けとして活躍する。1900年妹茂枝が俳人河東碧梧桐と結婚、仲人は松瀬青々。後に三女御矢子が河東家養女に、御矢子早逝後は四男駿が養子に入籍。1902年『車百合』廃刊後は、『くぢら』や『俳星』など各地の雜誌に寄稿し、巨口会など関西や商用中の九州の句会に出席した。新傾向俳句の無季非定型化には組せず、1915年『ホトトギス』課題選者。文学・美術各方面の交遊が深く、日野醉來の『不二新聞』(宮武外骨社主)文藝欄を担当。『大阪新報』や各地の新聞の俳句選者を担当。関西や九州の句会の指導に当たり、1907年に月斗と改号。1916年より美術と俳句の雑誌「カラタチ」を主幹した。1920年には俳誌「同人」を創刊、以後終生、主宰として、与謝蕪村、正岡子規を現代に継ぐ正統俳句の普及指導に務めた。

初夢やうらうらとして金砂子

春愁や草を歩けば草青く

金魚玉に聚まる山の翠微かな

柘榴自ら侘しきものと思へるや

女狐の耳まで裂くる欠びかな

名利を追わず、道に厳しく人に優しく、豪宕の反面に細心と洒脱味を持って慕われ、その純粋さゆえに、ある時期より、いわゆる俳壇からはやや距離を置いたが、西日本俳句界の雄たる存在として、全国的にも多くの俳人を輩出した。1945年に戦火を避けて奈良県大宇陀町に疎開、1949年3月17日、肝硬変のためその地にて死去[1]。享年71。辞世の句「臨終の庭に鶯鳴きにけり」。墓は、京都一乗寺金福寺、本人が敬仰した与謝蕪村の墓に辺りして、同人社により建立された。「同人」主宰は菅裸馬が継承。没後も広く追慕され、月斗が没した3月17日は「鶯忌」と呼ばれている。

作風等編集

正岡子規を敬し、与謝蕪村を学んだ。以下のように述べている。

  • 「句は味である。句は調べである」。
  • 「句は情緖を根本としなければならぬ」。
  • 「句品が高からねばよくない。句と人とは、別のものにあらず。句によって人を作り、人格を修めて、初めてよき句を産むなり」。
  • 「健全であること。明朗であること。淡白で、率直で、さらさらした句がよい。そしてその中に情味があるものが名句である」。

句集『月斗翁句抄』(同人社)、『子規名句評釋』(非凡閣)の著書がある。同人社類題句集として、『同人俳句集』、『同人第二句集』、『同人第三句集』、『時雨』。その他、改造社『現代日本文學全集・俳句集』所載、同『俳句講座』『續俳句講座』に執筆、同『俳諧歳時記.夏の部』編纂、同『俳句三代集』選者。『俳畫講座』に執筆。

脚注編集

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)4頁

参考文献編集

  • 『現代日本文學全集38 現代短歌集・現代俳句集』 改造社、1929年
  • 『俳句講座』 改造社、1933年
  • 『續俳句講座』 改造社、1934年
  • 『月斗翁句抄』 同人社、1950年
  • 角光雄ほか 『大阪の俳人たち2』 和泉書院、1991年
  • 角光雄 『俳人青木月斗』 角川学芸出版、2009年
  • 俳句雑誌『同人』(同人社)および『春星』(春星社)

外部リンク編集