メインメニューを開く

青木正一

青木 正一(あおき しょういち、1917年8月10日 - 2004年9月9日)は栃木県足利郡葉鹿町(現:足利市)出身[1]プロ野球選手投手)。

青木 正一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県足利郡葉鹿町(現:足利市
生年月日 1917年8月10日
没年月日 (2004-09-09) 2004年9月9日(87歳没)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手一塁手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1939年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

来歴・人物編集

群馬県立桐生中学校(現:群馬県立桐生高等学校)では、エースで4番として1936年選抜中等学校野球大会で準優勝[1]。チームメイトに阪神タイガースでもチームメイトになる皆川定之がいた。

中学野球での実績から、タイガースは迅速に獲得交渉を進め、甲子園前の6月に翌年の契約を済ませている。当時は桐生監督の稲川東一郎と阪神の早川渉外の間に個人的なコネクションがあり、青木の入団の翌年に皆川もタイガースに入団した。

阪神では、リリーフの登板が多かったが、1938年秋には開幕投手を務めた。1939年に召集され退団[1]。実働は3年と短く、これからと言うところで軍隊に行った悲運の名投手である。

1937年に打倒沢村栄治に燃えるチームのため、加藤信夫と共に1メートル手前からバッティングピッチャーを務めたというエピソードがある。

戦後は、1946年1947年に全桐生の一塁手として都市対抗野球に出場。その後、同チームのコーチ・監督をつとめた。

1950年から、高崎理研に所属。1954年には高崎鉄道管理局の補強選手として都市対抗に出場。その後、全足利クラブの監督を務めた。

2004年9月9日逝去。享年87。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1937 大阪 3 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 26 5.0 6 0 6 -- 0 5 0 0 2 2 3.60 2.40
1937秋 3 1 1 0 0 0 1 -- -- .000 68 15.0 15 0 6 -- 1 1 0 0 7 6 3.60 1.40
1938 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 54 13.2 13 0 4 -- 0 2 1 0 6 4 2.63 1.24
1938秋 4 2 2 1 0 1 1 -- -- .500 100 22.2 18 0 10 -- 1 7 0 0 12 8 3.18 1.24
1939 10 4 1 0 0 2 0 -- -- 1.000 146 35.1 27 2 12 -- 1 12 0 1 10 6 1.53 1.10
通算:3年 24 8 4 1 0 4 2 -- -- .667 394 91.2 79 2 38 -- 3 27 1 1 37 26 2.55 1.28

背番号編集

  • 28 (1937年 - 1939年)

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、3ページ

関連項目編集

外部リンク編集