青梅市内中継局

青梅市内中継局(おうめしないちゅうけいきょく)は、東京都青梅市にある中継局の一覧である。

目次

青梅中継局編集

デジタルテレビジョン放送編集

リモコンキーID 放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日 備考
1 NHK東京総合テレビ 27ch 3W 41W 関東広域圏
(茨城県、栃木県及び群馬県を含まない)[1]
13万5234世帯※ 2010年10月1日 ※印については、下記に記述する。
2 NHK東京教育テレビ 26ch 全国放送
4 NTV日本テレビ 25ch 40W 関東広域圏
5 EXテレビ朝日 24ch
6 TBSテレビ 22ch
7 TXテレビ東京 23ch
8 CXフジテレビ 21ch
9 MX東京メトロポリタンテレビジョン 20ch 41W 東京都

アナログテレビジョン放送編集

放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
MX東京メトロポリタンテレビジョン 44ch 映像30W
/音声7.5W
映像520W
/音声130W
東京都 不明

FM放送編集

周波数(MHz) 放送局名 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
83.6 TOKYO FM
エフエム東京
20W[2] 32.4W[2] 東京都 6万6545世帯[3] 2006年10月1日[4]

その他青梅市内中継局概要編集

デジタルテレビ編集

リモコンキーID 放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
青梅沢井中継局
1 NHK東京総合テレビ 27ch 300mW 830mW 関東広域圏
(茨城県、栃木県及び群馬県を含まない)
3670世帯 2009年10月1日
2 NHK東京教育テレビ 26ch 930mW 全国
4 NTV日本テレビ 25ch 830mW 関東広域圏
5 EXテレビ朝日 24ch
6 TBSテレビ 22ch
7 TXテレビ東京 23ch
8 CXフジテレビ 21ch
9 MX東京メトロポリタンテレビジョン 17ch 東京都
青梅入平中継局
非該当
青梅小曾木中継局
1 NHK東京総合テレビ 29ch 10mW 28mW 関東広域圏
(茨城県、栃木県及び群馬県を含まない)
367世帯 2011年4月12日
2 NHK東京教育テレビ 39ch 29mW 全国
4 NTV日本テレビ 33ch 30mW 関東広域圏
5 EXテレビ朝日 43ch
6 TBSテレビ 36ch
7 TXテレビ東京 45ch
8 CXフジテレビ 37ch
9 MX東京メトロポリタンテレビジョン 40ch 東京都

アナログテレビ編集

放送局 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
青梅沢井中継局
TXテレビ東京 36ch 映像3W
/音声750mW
映像11W
/音声2.8W
関東広域圏 約6500世帯
MX東京メトロポリタンテレビジョン 48ch 映像12W
/音声3W
東京都
NHK東京教育テレビ 50ch 映像11.5W
/音声2.9W
全国
NHK東京総合テレビ 52ch 関東広域圏
NTV日本テレビ 54ch 映像11W
/音声2.8W
TBSテレビ 56ch
CXフジテレビ 58ch
EXテレビ朝日 60ch
青梅入平中継局
NHK東京総合テレビ 49ch 映像100mW
/音声25mW
映像300mW
/音声75mW
関東広域圏 不明
NHK東京教育テレビ 51ch 全国放送
NTV日本テレビ 53ch 関東広域圏
TBSテレビ 55ch
CXフジテレビ 57ch
EXテレビ朝日 59ch
TXテレビ東京 61ch
MX東京メトロポリタンテレビジョン 中継局未設置
青梅小曾木中継局
アナログ中継局未設置
  • 偏波面は、両局共水平偏波。
  • テレビ東京青梅沢井中継局は、開局当初62chで送信されていたが、「アナアナ変換」で46chに変更された。しかし、千葉テレビ千葉本局との混信が生じた事から、補完波として36chでも送信が開始された。アナログ放送終了までは36chが、「アナアナ変換」後の中継局chとなっていた。

中継局置局住所 (全て青梅市)編集

  • 青梅中継局…長渕9丁目の二ツ塚峠
  • 青梅沢井中継局…沢井2丁目の大平北方高地
  • 青梅入平中継局…成木7丁目の井戸沢
  • 青梅小曾木中継局…小曾木1丁目の岩蔵住居跡東隣りの小山

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)(総務省電波利用ホームページ)
  2. ^ a b 無線局免許状等情報(エフエム東京(総務省)
  3. ^ 株式会社エフエム東京の青梅放送局(中継局)に免許 - 総務省関東総合通信局(2006年9月29日プレスリリース・平成18年度報道資料から)
  4. ^ a b エフエム東京が青梅中継局の免許を取得 青梅市周辺の難視聴が改善 (PDF)”. エフエム東京 (2006年9月29日). 2017年4月13日閲覧。
  5. ^ 青梅市市民部市民生活課 (2008年5月). “市民の声等をお知らせします。今回は、平成20年5月1日から31日までにお寄せいただいた中からその一部を皆様に公表します。”. 青梅市. 2008年12月2日閲覧。
  6. ^ 管内16局の地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)を予備免許≪青梅小曾木、箱根強羅中継局≫ - 総務省関東総合通信局(2011年3月11日リリース)
  7. ^ 青梅小曾木局と同日に予備免許が交付された箱根強羅テレビ中継局は、地震の影響で開局が、約1ヶ月延期された。

外部リンク編集