メインメニューを開く

第5歩兵師団(だい5ほへいしだん、제5보병사단、第五步兵師團)は大韓民国陸軍の師団の1つ。

第5歩兵師団
ROK 5th Infantry Division.jpg
創設 1948年4月29日
廃止 1950年7月17日
再編成 1950年10月8日
所属政体 Flag of South Korea.svg大韓民国
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
部隊編制単位 師団
兵科 歩兵
愛称 鍵(열쇠
上級単位 第6軍団
主な戦歴 朝鮮戦争
テンプレートを表示

歴史編集

1948年4月29日に水色で第5旅団が創設され、1949年5月12日に第5師団に昇格した。1948年5月から駐屯地が光州に移動。

創設当初は第3連隊、第4連隊、第9連隊で編成されていたが、部隊異動によって、1950年6月の時点で第15連隊(連隊長:崔栄喜大領)、第20連隊(連隊長:朴基丙中領)、第1独立大隊、砲兵隊による2個連隊を基幹とする編制となっていた。

朝鮮戦争が勃発するとソウル北方に投入され壊滅。第5師団の兵力は第1師団(師団長:白善燁大領)に吸収された。

1950年10月8日、大邱にて第27連隊、第35連隊、第36連隊で再編成される。第3軍団(軍団長:李亨根准将)に配属され、10月16日から11月22日まで太白山脈南側と嶺南一帯でゲリラ討伐に従事。

1950年12月、中国人民志願軍の南下によって春川北方に投入される。第66軍の攻勢を受けて後退。1951年1月、アメリカ軍第10軍団(軍団長:アーモンド少将)に編入。

1951年2月、洪川に向けて進撃中に人民軍第5軍団(軍団長:方虎山中将)の攻勢を受けて後退。提川北側に防御陣地を構築した。中朝軍の2月攻勢を受けて韓国軍第1軍団(軍団長:白善燁少将)に配属され丹陽-豊基間の主補給路の警戒に任じて部隊整備に努めた後、3月3日に再びアメリカ軍第10軍団に配属された[1]

1951年4月7日、人民軍第12師団が占領していた麟蹄に攻撃を開始した。3日間の戦闘で人民軍の防御拠点となっていた548-664高地を確保し、麟蹄北側の西湖里まで進出した[2]

1951年5月、中国軍の5月攻勢によって後退。

1951年8月18日、第36連隊(連隊長:黄燁大領)が983-940-773高地群を攻撃[3]

1951年9月4日、1211高地の戦闘が開始[4]

1952年1月、第1軍団(軍団長:李亨根少将)に配属[5]

1952年7月10日から11月10日まで351高地の戦闘を展開[6]。人民軍第9師団(師団長:石鍾九少将)を撃退して351高地を確保した。同年11月9日、大隊規模の攻撃を受けて351高地を失陥するが、すぐに反撃して再奪還した[7]

1953年、第2軍団(軍団長:丁一権中将)に配属。

1953年12月11日から1954年5月25日まで智異山でゲリラ討伐を実施[8]

師団長編集

氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
漢字/片仮名表記 原語表記
金相謙 김상겸 1948.4.29 - 10.19 警士3期 麗水・順天事件で解任
金白一 김백일 1948.10.23 - 1949.1.15 奉天5期
軍英1期
特別部隊司令官 第6旅団長 代理
元容徳 원용덕 1949.1.15 - 8 興安軍校軍医処 第2旅団長 陸本行政参謀副長
宋虎聲 송호성 1949.5.12 - 邯鄲軍事講習所
警士2期
白善燁 백선엽 1949.7.30 - 1950.4.22 奉天9期 第1師団長
李應俊 이응준 1950.4.22 - 日本陸士26期
軍英1期
水原地区防衛司令官
李炯錫 이형석 1950.7 - 9 日本陸士45期 陸軍歩兵学校教務官 陸軍綜合学校戦術課長
張興 장흥 1950.9? - 10? 黄埔5期 第1軍団人事参謀 慶尚南道地区兵事区司令官
7 閔耭植 민기식 1950.10.8 - 1952.1? 建国大学
軍英1期
京仁地区戒厳司令部副司令官 陸軍大学副総長 准将
8 張昌国 장창국 1952.1 - 8 士候59期
9 金鍾甲 김종오 1952.8.1[9] - 日本予備士
軍英1期
10 崔泓熙 최홍희 1953.5[10] - 軍英1期 第1軍団副軍団長
11 金鍾甲 김종오 1953.6 日本予備士
軍英1期
12 朴炳権 박병권 1953.6[11] - 1953.7.16 軍英1期 第9師団長 米留学準備中だった金鍾甲が呼び戻されたため、しばらく師団長は2人であった[12]
13 張都暎 장도영 1953.7.16[13] - 1953.8.2 軍英1期 第8師団長 第2軍団長
14 朴炳権 박병권 1953.8.2[14] - 1954.3.7 軍英1期 陸士校長
15 金鍾甲 김종오 1954.3.7 - 1955.7.1 日本予備士
軍英1期
16 朴正煕 박정희 1955.7.1 - 1956.7.10 同徳台2期
日本陸士57期
警士2期
教育総本部砲兵監
李龍 이용 1958 - 1959.7 警士5期 第12師団長 第6師団長
蔡命新 채명신 1960.4 - 1961.5 第38師団長 軍事革命委員会委員
李圭学 이규학 1963 - 1965? 警士2期 第2軍参謀長 陸本管理参謀部次長
鄭柄宙 정병주 1971 - 陸士9期 大統領警護室次長
金復東 김복동 1977.2-1979.1 陸士11期 第3軍作戦参謀 第3軍参謀長
李範天 김복동 1979.1 - 1980 陸士11期 60連隊長
鄭鎬根 정호근 1980 - 1983 甲種5期 第7軍団長
申末業 신말업 1984 - 1987 陸士16期 第2軍団長 ハナフェ
パク・サムドク 박삼득 2009 - 2011 陸士36期 陸本情報作戦参謀部作戦処長 陸軍本部改革室長
ジュ・チャンファン 주창환 - 2014.4.14[15] 陸士40期 連合司令部作戦参謀部処長
チョン・ジンギョン 정진경 2014.4.14 - 陸士42期

出典編集

  1. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第4巻 国連軍の再反攻と共産軍の春季攻勢』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2004年、80頁。
  2. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第4巻 国連軍の再反攻と共産軍の春季攻勢』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2004年、108頁。
  3. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第5巻 休戦会談の開催と陣地戦への移行』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2007年、132頁。
  4. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第5巻 休戦会談の開催と陣地戦への移行』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2007年、344頁。
  5. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、92頁。
  6. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、334頁。
  7. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、96頁。
  8. ^ 白善燁『対ゲリラ戦』原書房、1993年、249頁。
  9. ^ 6・25戦争史 第10巻 (PDF)” (韓国語). 国防部軍事編纂研究所. pp. 362. 2016年9月6日閲覧。
  10. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、189頁。
  11. ^ 白善燁『対ゲリラ戦』原書房、1993年、247頁。
  12. ^ “(396)피어린 산과 언덕(20)” (朝鮮語). 中央日報. (1972年11月21日). http://news.joins.com/article/1335085 2018年7月12日閲覧。 
  13. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、248頁。
  14. ^ 歴代5師団長たち...故朴正煕大統領
  15. ^ “キム・ギュソン漣川郡守14日動静 (김규선 연천군수 14일 동정)”. ウイヤン新聞. (2014年4月14日). http://www.uynews.net/sub_read.html?uid=40194 2017年8月20日閲覧。 

参考文献編集

  • 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』原書房、1976年。

関連項目編集