メインメニューを開く

韓国バスケットボールリーグは、大韓民国の男子プロバスケットボールのリーグである。略称KBL

韓国バスケットボールリーグ
競技 プロバスケットボール
開始年 1996年
参加チーム 10
大韓民国の旗 韓国
前回優勝 蔚山モービスフィバス

歴史編集

韓国バスケットボールリーグ
各種表記
ハングル 한국농구연맹
漢字 韓國籠球聯盟
発音 ハングクノングヨンメン
英語 Korean basketball League (KBL)
テンプレートを表示

プロリーグ構想が持ち上がったのは1993年。 1996年にリーグ機構が創立され、翌1997年に初のリーグ戦が行われる。 が、当時はアジア通貨危機下でもあり、当時参戦したチームの名称の多くは変わっている。 この2005~2006シーズンも2チームの親会社が入れ替わった。 現在では韓国での冬のメインスポーツとして親しまれているが、2014年を境に観客数は年々減少している。

ルール編集

各チームが登録できる選手数は15人まで。 外国人選手は各チーム2人まで登録できるが、2009-2010シーズンからは1人だけ出場することができる。2018-19シーズンから新たに外国人選手に対し身長制限が設けられ、2m以上の選手は出場できない。試合規定はバスケットボール競技規則に基づく。

運営方式編集

レギュラーシーズン編集

10月から3月中旬にかけ、各チーム6試合総当り(ラウンドロビン制)のリーグ戦(54試合)を行い、プレーオフ出場チームを決定。 6位までのチームがプレーオフ出場権を得る。

オールスター戦編集

1月最終土日に開催。 南部選抜チームと中部選抜チームで競われる。 2005年からは中国のプロバスケットリーグとのオールスター戦も、併せて行われるようになった。

プレーオフ・ファイナル編集

プレーオフ一回戦
a.レギュラーシーズン3位と6位
b.レギュラーシーズン4位と5位
で3勝先勝したチームが勝ち上がり
プレーオフ二回戦
aの勝者とレギュラーシーズン2位
bの勝者とレギュラーシーズン1位
で3勝先勝したチームが勝ち上がり
ファイナル
プレーオフ二回戦の勝者が対戦。4勝先勝したチームが優勝
2005-2006年より優勝チームは、bj-KBL チャンピオンシップゲームズに進出

構成球団(内はホームタウン)編集

オールスター戦で中部選抜になる球団編集

チーム ホームタウン KBL参入年度 過去のチーム名
ソウル三星サンダース ソウル特別市 1996年
  • 水原三星サンダース(1997-2001)
ソウルSKナイツ ソウル特別市 1997年
  • 清州SKナイツ(1997-2001)
仁川電子ランドエレファンツ 仁川広域市 1996年
  • 仁川大宇ゼウス(1997-1999)
  • 仁川新世紀ビッグス(1999-2001)
  • 仁川SKビッグス(2001-2003)
  • 仁川電子ランドブラックスライーマー(2003-2009)
安養KGC人参公社 京畿道安養市 1996年
  • 安養SBSスターズ(1997-2005)
  • 安養KT&Gカイツ(2006-2009)
  • 安養韓国人参公社(2010)
原州DBプロミ 江原道原州市 1996年
  • 原州ナレ・ブルーバード(1997-1999)
  • 原州三宝エクサス(1999-2002)
  • 原州TGエクサス(2002-2003)
  • 原州TG三宝エクサス(2003-2005)

オールスター戦で南部選抜になる球団編集

チーム ホームタウン KBL参入年度 過去のチーム名
全州KCCイージス 全羅北道全州市 1996年
  • 大田現代ダイナット(1997-1999)
  • 大田現代ガリバーズ(1999-2001)
高陽オリオンズ 京畿道高陽市 1996年
  • 大邱東洋オリオンズ(1997-2003)
  • 大邱オリオンズ(2003-2011)
釜山KTソニックブーム 釜山広域市 1996年
  • 光州羅山フラマンズ(1997-1999)
  • 光州ゴールドバンク・クリッカーズ(1999-2000)
  • 麗水ゴールドバンク・クリッカーズ(2000-2001)
  • 麗水コリアテンダープルミ(2001-2003)
  • 釜山コリアテンダーMAX10(2003.9-2003.11)
  • 釜山KTFマジックウィングズ(2003.11-2009)
昌原LGセイカーズ 慶尚南道昌原市 1997年
  • 慶南LGセイカーズ(1997-1998)
蔚山モービスフィバス 蔚山広域市 1996年
  • 釜山起亜エンタープライズ(1997-2001)
  • 蔚山モービス・オートモンス(2001-2004)

歴代ファイナル編集

シーズン 勝者 戦績 敗者 MVP 備考
  1 1997年 釜山起亜エンタープライズ 4勝1敗 原州ナレブルーバード 姜東煕(カン・ドンヒ)
  2 1997年-1998年 大田現代ダイナット 4勝3敗 釜山起亜エンタープライズ 許載(ホ・ジェ、起亜*)
  3 1998年-1999年 大田現代ガリバーズ 4勝1敗 釜山起亜エンタープライズ 趙成遠(チョ・ソンウォン)
  4 1999年-2000年 清州SKナイツ 4勝2敗 大田現代ガリバーズ 徐章勲(ソ・ジャンフン)
  5 2000年-2001年 水原三星サンダース 4勝1敗 昌原LGセイカーズ 朱熙正(チュ・ヒジョン)
  6 2001年-2002年 大邱東洋オリオンズ 4勝3敗 ソウルSKナイツ マーカス・ヒックス
  7 2002年-2003年 原州TGエクサス 4勝2敗 大邱東洋オリオンズ デビット・ジャクソン
  8 2003年-2004年 全州KCCイージス 4勝3敗 原州TG三宝エクサス 李相(イ・サンミン)
  9 2004年-2005年 原州TG三宝エクサス 4勝2敗 全州KCCイージス 金鋳城(キム・ジュソン)
10 2005年-2006年 ソウル三星サンダース 4勝0敗 蔚山モービスフィバス 姜赫(カン・ヒョク)
11 2006年-2007年 蔚山モービスフィバス 4勝3敗 釜山KTFマジックウィングズ 梁東根(ヤン・ドングン)
12 2007年-2008年 原州東部プロミ 4勝1敗 ソウル三星サンダース 金鋳城
13 2008年-2009年 全州KCCイージス 4勝3敗 ソウル三星サンダース 秋承均(チュ・スンギュン)
14 2009年-2010年 蔚山モービスフィバス 4勝2敗 全州KCCイージス ハム・ジフン
15 2010年-2011年 全州KCCイージス 4勝2敗 円周東部プロミ ハ・スンジン
16 2011年-2012年 安養KGC人参公社 4勝2敗 原州東部プロミ オ・セグン
17 2012年-2013年 蔚山モービスフィバス 4勝0敗 ソウルSKナイツ ヤン・ドングン
18 2013年-2014年 蔚山モービスフィバス 4勝2敗 昌原LGセイコス ムン・テヨン
19 2014年-2015年 蔚山モービスフィバス 4勝0敗 原州東部プロミ ヤン・ドングン
20 2015年-2016年 高陽オリオンズ 4勝2敗 全州KCCイージス イ・スンヒョン
21 2016年-2017年 安養KGC人参公社 4勝2敗 ソウル三星サンダース オ・セグン
22 2017年-2018年 ソウルSKナイツ 4勝2敗 原州DBプロミ Terrico White
23 2018年-2019年 蔚山モービスフィバス 4勝1敗 仁川電子ランドエレファンツ

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集