メインメニューを開く

須田 美矢子(すだ みやこ、1948年昭和23年)5月15日 - )は、日本経済学者。専門は、国際金融論。日本銀行政策委員会委員(2001年~2011年3月)を歴任。

人物編集

山口県出身。都立西高校東京大学教養学部卒業後、東京大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。専修大学経済学部助教授/教授(1982年~1990年)、1990年4月から学習院大学経済学部教授となる。2001年に篠塚英子の後任として日本銀行政策委員会委員に就任、2011年3月に同委員を退任した(後任は白井さゆりが担当)。その後甲南大学特別客員教授を務め、現在はキヤノングローバル戦略研究所特別顧問を務めている。

金融政策編集

日銀時代は金融緩和の強化・拡大決定の際に、バブルの温床に繋がるリスクや財政ファイナンスとの誤解を招きかねないリスクを理由として、しばしば反対票を投じたため、いわゆる「タカ派」として知られた[1]。リーマンショック後の2008年10月7日の時点でも「金利水準を速やかに引き上げていくことが、引き続き基本線だと考えている」とのスタンスを維持していた[2]

著作編集

単著編集

  • 『国際マクロ経済学』(日本経済新聞社, 1988年)
  • 『ゼミナール国際金融入門』(日本経済新聞社, 1996年)

共著編集

編著編集

  • 『対外不均衡の経済学』(日本経済新聞社, 1992年)

共編著編集

訳書編集

  • ジョン・ウィリアムソン『世界経済とマクロ理論』(多賀出版, 1990年)

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集