メインメニューを開く

飛び出した日曜日」(とびだしたにちようび)は1953年(昭和28年)4月22日に公開された東宝初の立体映画。製作は東宝白黒のトービジョン。10分。

飛び出した日曜日
監督 村田武雄
脚本 村田武雄
製作 金巻博司
出演者 青山京子
井上大助
音楽 芥川也寸志
撮影 安本淳
円谷英二
配給 東宝
公開 日本の旗1953年4月22日
上映時間 10分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

特殊な設備が必要なため、日劇浅草宝塚劇場大阪劇場名古屋名宝会館の全国4劇場のみで上映された。

目次

概要編集

東宝は、戦時中の軍協力体制下から立体映画の研究を続け、「トービジョン」という立体映画システムを完成していた。戦後、その技術はうち捨てられたままだった。ところが、この作品の前年からアメリカでは『ブワナの悪魔Bwana Devil)』という立体映画が大ブームとなっており、これを聞きつけた東宝では、『ブワナの悪魔』より先に立体映画を公開すべく、再び「トービジョン」システムを活用し、本作と『私は狙われている』を企画・制作したのである。

この立体映画のシステムは、2台の連動キャメラを使ってダブらせた映像を、劇場で配られる赤・青のセロハンをつけた紙製メガネをかけることによってあたかも画像が浮き上がって見えるというものである。連動キャメラによる撮影は、円谷英二が行っている。「立体メガネ」は長時間使用すると目が疲れるため、一巻フィルム(約10分)の短編作品となっている。

この東宝の立体映画「トービジョン」は大変客受けがよかった。監督の村田武雄はさらにストーリーを膨らませた面白い映画をと、円谷監督とアイディアを出しあっていた。ところが東宝重役の森岩雄に、「ご苦労様でした。これで東宝がアメリカ製より先に日本で立体映画を封切ったと映画史上に残りましたから、これでもういいんです」と言われてしまった。村田は「だって次はどうなるんですか?」と聞いたところ、「いえ、二度と作りませんから、ご苦労様でした」と慇懃無礼に断られ、円谷監督ともどもがっかりしたという。

こうして日本初の立体映画は2本限りとなったが、その後村田と円谷は二人で特撮映画の企画を考え、村田は前年に円谷が考案した「化け物のようなクジラが東京を襲う」という映画のアイディアを森岩雄に再提出している。この企画は実現しなかったが、素案となる形で翌1954年(昭和29年)の『ゴジラ』に発展することとなった。

あらすじ編集

とある日曜日、若いカップルの大助と京子は自転車ハイキングに出かける。辿り着いた遊園地で2人は楽しい日々を過ごす。

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

参考文献編集