井上 大助(いのうえ だいすけ、1935年5月20日 - 1977年8月12日[1][2])は、日本俳優東京市京橋区[1](現:東京都中央区越前堀[2]出身。本名:入村 直一[1][2]。一時期、井上 大介名義で活動していた。

いのうえ だいすけ
井上 大助
本名 入村 直一
別名義 井上 大介
生年月日 (1935-05-20) 1935年5月20日
没年月日 (1977-08-12) 1977年8月12日(42歳没)
出生地 日本の旗日本東京都中央区
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1950年 - 1972年
活動内容 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

略歴・人物編集

生家は製本工場[3]1950年、東宝配給映画『山のかなたに』(千葉泰樹監督)の井上大助役のオーディションに合格して、同作の役名を芸名にして俳優デビュー[1]。翌年には東宝の専属[2]となり、「下町の端正なヤンチャな二枚目[3]」の少年スターとして人気が爆発する。1954年、中央高等学校(現・中央学院大学中央高等学校)を経て中央商科短期大学に入学するが、中退して俳優業に専念する[1]。このころ、趣味の寄席見物を通じ、立川談志毒蝮三太夫らと知り合い、親交をはじめた[3]

演技力を評価されていた[2]が、1960年代に入ると、次第に主要な役がつかなくなり、仕事内容が端役ばかりとなっていき、やがて酒に溺れるようになった[3]。この時期の井上を間近で見ていた談志は「人気の頃にその人気をどう処理していいのかワカンなくなっちゃったようなところが見えた」「子役がつきあたる壁もあったろう」[3]と述懐している。

1972年公開の『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』を最後に映画界から遠ざかった。晩年、事業に失敗して生家を売り払い、東京都日野市に転居した[3]1977年8月12日、胃穿孔のため死去[1]。42歳没。

出演作品編集

映画編集

※すべて東宝配給

テレビドラマ編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典 男優篇 上巻』キネマ旬報社、1996年、175頁。
  2. ^ a b c d e 井上 大助 コトバンク - 典拠は日外アソシエーツ『新撰 芸能人物事典 明治~平成』
  3. ^ a b c d e f 立川談志『談志楽屋噺』(文春文庫、1990年)pp.33-36