メインメニューを開く

井上 大助(いのうえ だいすけ、1935年5月20日 - 1977年8月12日[1])は、日本俳優東京市京橋区(現:東京都中央区)出身[1]。本名:入村 直一[1]。一時期、井上大介名義で活動していた。

いのうえ だいすけ
井上 大助
本名 入村 直一
別名義 井上 大介
生年月日 (1935-05-20) 1935年5月20日
没年月日 (1977-08-12) 1977年8月12日(42歳没)
出生地 日本の旗日本東京都中央区
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1950年 - 1972年
活動内容 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

目次

人物編集

1950年、東宝配給映画『山のかなたに』(千葉泰樹監督)の井上大助役のオーディションに合格して、同作の役名を芸名にして俳優デビュー[1]

1954年、中央高等学校(現・中央学院大学中央高等学校)を経て中央商科短期大学に入学するが、中退して俳優業に専念する[1]

1972年公開の『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』を最後に映画界から遠ざかり、1977年8月12日、胃穿孔のため死去[1]。42歳没。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典 男優篇 上巻』キネマ旬報社、1996年、175頁。