飛龍 (将棋)

将棋の駒の種類のひとつ

飛龍(ひりゅう)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、平安大将棋大将棋大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

平安大将棋 編集

四隅に何マスでも動ける(本将棋の角行と同じ)が、成ると金将の動きとなってしまう。成らない限り盤面の筋違いの場所には何手かけても移動できない。

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
   
   
     
四隅に飛んで行ける。 金将(きんしょう)
   
 
 
       
縦横と斜め前に1マス動ける。

大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋 編集

成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
     
   
   
     
     
斜めに2マス動ける。飛び越えては行けない[1] 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マスだけ動ける。

成らない限り盤面の筋違いの場所には何手かけても移動できない。大将棋では成ることにより動けるマス目の数が8マスから6マスに減ってしまう2種類の駒の内の1つであり、成りによるデメリットがやや大きめである(もう1つは猛牛)。成ると縦横に動けるようになり、筋違いの場所に行けるようになるメリットがあるものの、斜め前の2マス目と斜め後ろの都合6マスに動けなくデメリットがあり、大将棋の駒として成りによって最も多くの利きを失う駒となっている。ただ猛牛が敵陣1段目で成ってしまうとその時点での盤上の利きが完全に弱化してしまうのと異なり、飛龍はルール上成れるどの場所で成っても新しく動けるようになるマス目は盤上に出現する。また本将棋同様の成りルールの場合は、不成で敵陣に入った飛龍を敵陣から引いて成る場合、6段目のみならず7段目での飛龍成りがありうる。

大大将棋 編集

成ると龍王。成らない限り盤面の筋違いの場所には何手かけても移動できない。

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
     
   
   
     
     
斜めに2マス動ける。飛び越えては行けない。 龍王(りゅうおう)
       
   

   
       
縦横に何マスでも動け、斜めに1マス動ける。飛び越えては行けない。

大局将棋 編集

成ると龍王。成っていない状態では何手かけても盤面の一部のマス目にしか到達できない。

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
 
         
   
   
         
     
斜めに2マス先に飛び越えて行ける。 龍王(りゅうおう)   
       
   

   
       
縦横に何マスでも動け、斜めに1マス動ける。飛び越えては行けない。

脚注 編集

  1. ^ 象棋六種之図式』(「雑藝叢書」による)の泰将棋の説明では、他の斜め方向は2マスであるが、右斜め後ろのみ1マスの動きとなっている。

参考文献 編集

関連項目 編集

大将棋の駒(自陣初期配置・括弧内は成駒)
        仲人
(醉象)
          仲人
(醉象)
       
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
飛車
(龍王)
飛龍
(金将)
横行
奔猪
竪行
飛牛
角行
(龍馬)
龍馬
角鷹
龍王
飛鷲
奔王 龍王
(飛鷲)
龍馬
(角鷹)
角行
(龍馬)
竪行
(飛牛)
横行
(奔猪)
飛龍
(金将)
飛車
(龍王)
  猛牛
(金将)
  嗔猪
(金将)
  悪狼
(金将)
麒麟
(獅子)
獅子 鳳凰
(奔王)
悪狼
(金将)
  嗔猪
(金将)
  猛牛
(金将)
 
反車
鯨鯢
  猫刄
(金将)
  猛豹
(角行)
  盲虎
飛鹿
醉象
太子
盲虎
(飛鹿)
  猛豹
(角行)
  猫刄
(金将)
  反車
(鯨鯢)
香車
白駒
桂馬
(金将)
石将
(金将)
鐵将
(金将)
銅将
(横行)
銀将
(竪行)
金将
(飛車)
玉将 金将
(飛車)
銀将
(竪行)
銅将
(横行)
鐵将
(金将)
石将
(金将)
桂馬
(金将)
香車
(白駒)