養父町 (兵庫県養父郡1957年)

日本の兵庫県養父郡に1940年から1957年まであった町

養父町(やぶちょう)は、兵庫県養父郡にあった

やぶちょう
養父町
廃止日 1957年3月31日
廃止理由 編入合併
養父町 → 明神町(即日改称し養父町に)
現在の自治体 養父市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
養父郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 23.33km2.
総人口 3,475
国勢調査、1955年)
隣接自治体 養父郡明神町、八鹿町朝来郡和田山町出石郡室埴村
養父町役場
所在地 兵庫県養父郡養父町
座標 北緯35度22分35秒 東経134度48分59秒 / 北緯35.3765度 東経134.81633度 / 35.3765; 134.81633 (養父町)座標: 北緯35度22分35秒 東経134度48分59秒 / 北緯35.3765度 東経134.81633度 / 35.3765; 134.81633 (養父町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

1957年3月31日に明神町に編入合併され、同時に明神町が新たに養父町と改称した。本項ではこの際に消滅した(旧)養父町と、町制前の名称である養父市場村(やぶいちばむら)について述べる。旧町域は明神町が改称した(新)養父町となり、さらに2004年に合併し養父市となった。

地理編集

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、養父市場村・大塚村・鉄屋米地村・口米地村・中米地村・奥米地村・大藪村・藪崎村の区域をもって養父市場村が発足。
  • 1940年昭和15年)12月11日 - 養父市場村が町制施行・改称して養父町となる。
  • 1957年(昭和32年)3月31日 - 明神町に編入され、養父町廃止。(同日に明神町が改称し養父町に)

明神町との合併について編集

もともと養父町と広谷町、および建屋村の3町村は同じ養父神社を信仰するなど、かつてから関わりが深く、昭和の大合併の際にはこの3町村の合併を目指していた。しかし当時の養父町は、生活圏が同じで、国鉄養父駅が所在している大蔵村(のちに南但町を経て和田山町大字堀畑の一部の編入に向けて力を入れていたために合意が遅れ、3町村での合併に踏み切れなかった[1]。そこで広谷町と建屋村の2町村は、この枠組みで1町となるという目的達成へ前進するため、将来的に養父町と合併することを前提として、合併して明神町となった。

その後、新市町村建設促進法により兵庫県知事から合併勧告が2町に発せられ、養父町が明神町に編入されるという形で合併することとなった。しかし養父町が廃止されると、郡名である「養父」を冠した町村がなくなってしまうため、郡名を保存する意味で、明神町は編入合併と同時に養父町へと改称した[2]

交通編集

鉄道路線編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「兵庫県市町村合併史 下巻」764頁
  2. ^ 「兵庫県市町村合併史 下巻」761頁

参考文献編集

関連項目編集