養鶏(ようけい)とは、(にわとり)を飼育することである。農業分野の畜産の一種であり、採卵(鶏卵)や食用(鶏肉)とする目的で鶏を飼うことを指す。

肉用の鶏の大多数は、ブロイラーと呼ばれる限られた特定の品種である。採卵用の鶏は「レイヤー」と呼び、ひよこ雌雄の選別は、人手により行う。愛玩鶏の繁殖・飼育も養鶏の扱いになる[1]

農家の庭先といったごく小規模のものを除いて、産業として大規模に運営されている養鶏業を見ると、国際的にも極めて画一的で平準化された生産手段を採っているといえる。つまり、ほぼ同一ケージ内で同一の飼料を与えた同一品種の鶏とその卵が生産物であるため、鶏卵や鶏肉は他の生産者との差別化が難しい商品となっている。このため、特定の品種を除けばブランド化はあまり行われていない。

ただし、海外の採卵養鶏ではケージフリー化(平飼い卵生産への移行)が進んで[2]おり、その点では日本との画一性は薄い。

日本
日本の養鶏業者は比較的小規模での経営が多く、それに対する流通・販売側は全国規模のスーパーマーケット・チェーンや大手の食品会社であるため、価格交渉力が極めて弱い[3]

養鶏場編集

鶏を飼うための施設は養鶏場と呼ばれる。かつては放し飼い平飼いも行われていたが、現在の養鶏では鶏舎内にほとんど隙間無くケージ(鳥かご)を設置し、その中で飼うケージ飼いが主流となっており、日本では1つの養鶏場では小規模であっても数万羽が、大規模なものでは数10万羽が飼われている[3]

養鶏の大規模化に伴い、悪臭など公害対策のほか、トリインフルエンザを始めとした家畜伝染病の対策が重要となっている。そのため、一般人の立ち入りを極端に制限したり、野鳥が鶏舎に入らないように窓や換気口にネットを張ったりするなど、防疫を厳重に行っている。

鶏が排泄する鶏糞は産業廃棄物として処理されるほか、堆肥として利用されることもある。

鶏舎の種類編集

開放鶏舎編集

収容羽数の少ない飼育に向いていて、自然の換気ができるタイプの鶏舎。自然の影響を受けやすいため夏や冬には配慮が必要。以下の鶏舎にも共通する仕組みとして一階型の低床式と二階型の高床式がある。高床式は一階に糞が落ちる仕組みになっているが堆積した糞がハエの発生源になるという欠点もある[4]。開放鶏舎はウィンドレス鶏舎に比べサルモネラ菌の発生率は低い[5]

 
2008年にはバイオマスエタノールの需要拡大に伴い、飼料トウモロコシなどの(仕入れ)価格が高騰してしまった。(同年10月・札幌[6]

ウィンドレス鶏舎編集

無窓鶏舎とも呼ばれるように壁により閉鎖された鶏舎。大羽数飼育に向いており、大型の換気扇換気を行う。防疫の観点から日本では激増しているが、鶏の活動の低下や健康問題を招くという動物福祉の理由から「鶏舎には窓をつけ、天気の良い日は外の新鮮な空気、自然光を取り入れることが適切な飼育」であるとされ世界的には減少傾向にある。鳥インフルエンザはウィンドレス鶏舎でも発生しており実際には防げていない。

セミウィンドレス鶏舎編集

壁の一部にカーテンがあり開け締めできるタイプの鶏舎で、自然と換気扇を併用した換気が行われる[7]

 
バタリーケージ

採卵鶏の飼育方法編集

採卵用に飼育される商業鶏(コマーシャル鶏)銘柄にはジュリアライトやボリスブラウンなどがある。これらの商業鶏は採卵に特化した品種改変が行われているため、肉用には向いていない。そのため卵を産まない雄はひなの雌雄鑑別で殺処分され、卵を産む雌のみが飼育される。

雌のひなは120日齢頃まで育雛用のケージで群飼され、その後採卵用の成鶏ケージに移動される。過密な群飼によりひな同士のつつき合いが広がりやすく、傷つくひなが出てくる。そのため嘴の切断が行われる。嘴の切断は、日本の採卵養鶏では2014年時点で83.7%で実施されている[8]

卵用の鶏は省コスト・省スペースで大量生産できるようバタリーケージで飼育されるのが一般的である。日本の採卵養鶏場では2014年時点で92%がバタリーケージ飼育である[8]。バタリーケージとはワイヤーでできたケージを幾段にも重ね、その中に鶏を収容する飼育方式のことで、日本の一般的な飼育密度は1羽あたり370㎠以上430㎠未満程度である[8]

採卵鶏は150日齢頃から産卵をはじめる。産卵を開始して約1年が経過すると、卵質や産卵率が低下し、自然に換羽して休産期に入る鶏が出てくる。自然換羽にまかせておくと鶏群の卵の生産状態がふぞろいになり、経営的な問題が出てくる[9]。このため、生産性を考慮して換羽前に屠殺する場合もあるが、長期にわたって飼養しようとする場合は、強制換羽がおこなわれる。強制換羽とは、鶏を絶食などの給餌制限により栄養不足にさせることで、新しい羽を抜け変わらせることである。強制換羽を行うことで鶏の死亡率が高まる[10]が、こうすることで卵の生産状態をそろえ卵質を向上させることができる。強制換羽は日本の採卵養鶏では2014年時点で66%で実施されている[8]。 強制換羽後、約8ヶ月間産卵させ、屠殺する。屠殺された採卵鶏はチキンスープのだし、ペットフード、肥料などに利用される。

デビーク(クチバシの切断)編集

鶏は採餌や探索行動で1日に15000回地面をつつく動物であり、この強い欲求への配慮が欠ける環境下では仲間同士で傷つけ合うことに繋がる。そのためつつかれた鶏が傷つくことを防ぐためデビークというクチバシの切断処置が5日齢頃の雛に行われる[11]。この処置は出血や慢性的な痛みのほか、神経症や活動低下、死亡のリスクも伴う。

上述にもあるように2014年時点の日本の採卵養鶏場のデビーク率は83.7%であり、電気加温式と赤外線式の2通りのやり方がある[12]

出荷時の問題編集

産卵率や卵質が悪くなってくると採卵鶏は廃鶏となり、加工肉用などのため出荷される。廃鶏の経済的価値は極めて低く、そのため出荷カゴへ入れ替える捕鳥作業にも迅速性が求められ、自ずと扱いが乱暴になってしまい鶏への苦痛が生じている。これは日本養鶏協会も「問題がないとはいえない行為」と考えており、関係者へのアニマルウェルフェア(動物福祉)の一層の周知が図られている[13]

廃鶏処理場での長時間放置の問題編集

採卵鶏の大規模廃鶏処理施設は2016年時点で全国に32施設しかなく地域に偏りもあり、加えて農場の大規模化も影響し、廃鶏を搬入してから処理するまでの保管が長時間になってしまう性格が強く、多くの施設で廃鶏の長時間放置が問題になっている[14]

処理施設で鶏の入ったカゴは何段にも積み重ねてあるため、上の段の鶏の糞尿や割れた卵が下の段の鶏に降り注ぎ、地面にはが湧くこともある。

一つのカゴには複数羽が詰め込まれているため骨折や圧迫に苦しんだり、死亡している鶏、野生動物に体を食いちぎられた鶏なども確認されている。

またこのような保管方法であるため、保管が何日になろうと飲水・給餌することは不可能であり飢えと渇きにも苦しむ[15]

厚生労働省の行った32施設中28施設の調査によると、約半数が12時間を超え放置しており、中には24~72時間という想定外の施設も存在し、輸送時間も含めると最大4日間という場合もあった。

この問題の改善には農家の出荷調整の協力も必要不可欠であり、厚生労働省農林水産省から3度の通知が出されてはいるが、2020年時点でも長時間放置が確認されている状態である。

また卵価下落時に需給調整で発動される「成鶏更新・空舎延長事業」では、採卵養鶏場はこの期間に鶏を出荷することで奨励金を得ることができるため出荷が集中してしまうということもあり、永続的に再発しない解決策も求められる[16]

バタリーケージの動物愛護上の問題編集

 
日本のバタリーケージ 2羽が一つのケージに収容されている

近年、バタリーケージbattery cage)による飼育方法がアニマルウェルフェアの観点から問題視されており、諸外国では250以上の多国籍企業が鶏のケージ飼育の廃止を宣言している[17]

EUでは1999年にバタリーケージの使用禁止が決定になり、2012年から施行された[18]。アメリカではカリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミシガン州、オハイオ州、オレゴン州、ワシントン州がバタリーケージの廃止を決定している[19] このような動きに対し、日本の養鶏業界は「欧米とは気候風土が大きく異なり、鶏病問題にも大きな影響を与えることから我が国における鶏卵産業に実害を及ぼさないように取組むこととする」と述べている[20]。また日本畜産技術協会は、2011年に「アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針」を出して、飼育方式やスペースについての指針を示すとともに、ヨーロッパで進められている改良型ケージ(エンリッチドケージ)(Furnished cages)などを紹介している[21]しているが、2018年3月時点で日本においてバタリーケージの規制は行われていない。

成鶏更新・空舎延長事業編集

過剰生産で卵の価格が下落した際に発動されるもので2010年に始まった事業。鶏卵の標準取引価格(日毎)が安定基準価格(163円/㎏)を下回る日の30日前から、安定基準価格(163円/㎏)を上回る日の前日までに、更新のために成鶏を出荷し、その後60日以上の空舎期間を設ける場合に奨励金(210円/羽以内。ただし、小規模生産者(10万羽未満)は270円/羽以内)を交付するという内容。出荷先の食鳥処理場にも1羽23円以内の奨励金が交付される。これは鶏卵価格差補塡事業と共に「鶏卵生産者経営安定対策事業」のうちの一つであり[22]、2018年度の「鶏卵生産者経営安定対策事業」予算額は48億6200万円[23]にものぼる。

成鶏更新・空舎延長事業の成鶏出荷期間は廃鶏処理場に出荷が集中するため、廃鶏の長時間放置問題が起こりやすく、生産者・処理場間の出荷調整が強く求められる部分である。

肉用鶏の飼育方法編集

 
ブロイラーの屋内飼育

肉用に商業利用される鶏のことをブロイラーを呼ぶ。卵用の鶏の飼育期間が1~2年であるのに対して、ブロイラーの飼育期間は短く、成鶏に達する前の生後50日ほどで出荷・屠殺される。

ワクモの寄生編集

鶏に寄生して吸血を行うダニの一種であり全国的に寄生している[24]。月に一回程度の薬剤散布が行われるが無吸血でも9か月生存し、産まれて9日で産卵開始するため清浄化は難しい。使用される薬剤はスピノサド、ネグホン、ボルホ、ETB、バリゾン、ゴッシュなどがあり、単剤では100%の致死効果が得られなかったり、同一薬剤の長期連続使用は薬剤耐性につながるため複数の薬剤が使用される[25]。散布時の薬剤は鶏にも降りかかる。吸血された鶏は、かゆみや吸血された部分の脱羽、皮膚炎などに苦しみ、貧血で死んでしまうこともある。

また平成31年2月に日本から台湾へ輸出した卵から、台湾の残留農薬基準値(0.05ppm)をオーバ ーしたスピノサドが検出(0.14ppm)され輸入差し止めになったことがあり、日本の卵全体のイメージを左右する出来事であった。日本の基準値は0.5ppmであるが、上記台湾の基準値や香港の基準値(0.01ppm)[26]などと比べるとその緩さは目立つ。

鶏の種類編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本での愛玩鶏(日本鶏)は、そのほとんどが天然記念物に指定されている。
  2. ^ 海外の状況” (日本語). save-niwatori ページ!. 2020年9月24日閲覧。
  3. ^ a b 林雄介『省庁のしくみ』ナツメ社、2010年12月23日初版発行、ISBN 9784816349614、144頁-145頁
  4. ^ 鶏舎の種類”. zookan.lin.gr.jp. 2020年10月10日閲覧。
  5. ^ 鶏卵のサルモネラ属菌汚染低減に向けた取組”. 2020年10月10日閲覧。
  6. ^ 「たまごがピンチ!」-知ってください、生産者の現状 ホクレンのたまご、2008年9月26日。
  7. ^ 鶏舎 | 島根県養鶏協会”. shimane.eggood.info. 2020年10月10日閲覧。
  8. ^ a b c d 畜産技術協会・資料の「飼養実態アンケート調査報告書」中の「採卵鶏」(PDF)、2014年。平成26年度国産畜産物安心確保等支援事業。
  9. ^ 強制換羽(かんう)-養鶏場へ行こう”. 畜産ZOO館. 2019年8月10日閲覧。
  10. ^ アニマルウェルフェアに対応した家畜の飼養管理に関する検討会 平成19年度 資料の「飼養実態アンケート調査報告書」中の「換羽誘導実施の有無と死亡率」(PDF)、畜産技術協会、2014年。
  11. ^ つつき対策とデビーク”. zookan.lin.gr.jp. 2020年9月24日閲覧。
  12. ^ 採卵鶏のクチバシの切断(デビーク) - 日本の切断率:83.7%” (日本語) (2019年6月23日). 2020年9月24日閲覧。
  13. ^ 出荷時における鶏への暴力-関係機関の対応” (日本語) (2019年5月6日). 2020年9月24日閲覧。
  14. ^ 2020年 改善されない「夜間放置」 養鶏会社の対応” (日本語) (2020年7月12日). 2020年9月24日閲覧。
  15. ^ 採卵鶏のあまりにも酷い最期の一日 加工肉用に殺される採卵鶏たちは身動きが取れない中、卵と糞尿まみれで長時間放置されていた” (日本語) (2018年4月4日). 2020年9月24日閲覧。
  16. ^ 2020年 改善されない「夜間放置」 養鶏会社の対応” (日本語) (2020年7月12日). 2020年9月24日閲覧。
  17. ^ http://welfarecommitments.com/
  18. ^ European Union Council Directive 1999/74/EC
  19. ^ 井川真一 (2017). “畜産の情報-海外情報 消費者の求める需要に対して揺れる米国の畜産業界”. 畜産の情報 2017年11月号. https://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2017/nov/wrepo01.htm 2019年8月10日閲覧。. 
  20. ^ 「9 アニマルウェルフェア問題」平成25年度事業計画、日本養鶏協会、43頁。
  21. ^ 飼養方式、構造、飼養スペース (pp.7-10) 、欧州で進められている飼養方式の紹介 (p.12) 、「アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針」、畜産技術協会、2011年3月。 畜産技術協会・資料により新しいものがある。
  22. ^ 鶏卵生産者経営安定対策事業”. 2020年10月3日閲覧。
  23. ^ keimei. “鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 平成31年度農水省予算案” (日本語). 鶏鳴新聞 鶏卵・鶏肉・養鶏・畜産総合情報. 2020年10月3日閲覧。
  24. ^ ワクモ(Dermanyssus gallinae)の問題と対策の試み”. 2020年10月3日閲覧。
  25. ^ “[http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06808/b1.pdf 国内の養鶏場におけるワクモ Dermanyssus gallinae の 市販殺虫剤に対する抵抗性出現]”. 2020年10月3日閲覧。
  26. ^ “[https://www.jpa.or.jp/news/general/nikkei/2019/20190402_01.pdf 日鶏協ニュース平成31年4月号 平成 30 年度成鶏更新・空舎延長事業(第2回) における成鶏の出荷期間終了について]”. 2020年10月3日閲覧。
  27. ^ インフルワクチン製造に使うニワトリ、米秘密農場で飼育”. CNN (2020年4月18日). 2020年4月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集