馬場 昌次(ばば まさつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将

 
馬場 昌次
生誕 不詳
死没 元和4年7月16日1618年9月4日
別名 半左衛門
墓所 天猷寺
主君 木曾義利徳川家康秀忠
父母 父:馬場宮内少輔
千村良重の娘
利重、昌法、高安、昌則
テンプレートを表示

木曽義仲の八代目の子孫である家佐が初めて馬場氏を称した。その後裔である昌次は、当初は下総国網戸城主の木曾義利に仕えていたが不行状により改易されると、慶長5年(1600年)の会津征伐では木曾衆山村良勝や千村良重らとともに小山評定に駆け付け、徳川家康の家臣となった。山村、千村が豊臣方の石川貞清の支配する木曽路の制圧のため発向すると、小山に留まり、木曽への軍用にあたった。のちに徳川秀忠軍が中山道を関ヶ原に向けて進軍すると小笠原信之とともに妻籠城を守備し、木曽の国衆と共に美濃国明知城岩村城を攻めて武功を挙げた。この功績により、戦後に徳川家康より美濃国土岐郡可児郡恵那郡のうちに1600石の所領を賜り釜戸陣屋を拠点とした旗本となった。法名は玄勝。土岐郡釜戸村天猷寺に葬られた。  

関連項目編集

出典編集