高山 秀則(たかやま ひでのり、1948年11月11日 - )は、宮崎県出身の元競艇選手

高山秀則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1948-11-11) 1948年11月11日(72歳)
身長 166cm
体重 53kg(現役時)
血液型 A型
競艇選手情報
所属 福岡支部
登録番号 2672
登録期 36期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1973年
選手引退日 2008年9月4日
記念優勝  19 回
SG優勝   2 回
GI/PGI優勝  17 回
GII優勝   1 回
GIII優勝   4 回
一般戦優勝  58 回
通算優勝  82 回
通算勝率  6.97
通算勝利 出走8159回 2324勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

来歴編集

初代本栖チャンプであり、1973年9月に36期生として選手登録[1]され、同期には飯田加一今垣武志らがいる。同年の11月若松で初勝利を挙げ、1990年第5回賞金王決定戦競走住之江)でSG初制覇、1996年第6回GC決定戦競走多摩川)でSG・2勝目を挙げる[2]。2年前の1994年第4回(住之江)でも優出するが、3コースを確保して絶好のカド位置に着けたものの、起こしを完全にしくじってホーム水面に置いていかれ、あわや出遅れ返還寸前のコンマ98で6着に終わる[3]。1990年は賞金がアップされたこともあり、今村豊新井敏司野中和夫と共に4名同時で誕生した1億円レーサーの一人となる。全盛期は「剛腕」「荒法師」の異名を取り、豪快なハンドルワークを披露[4]。野中・中道善博安岐真人長嶺豊黒明良光らと黄金期を彩り[2]、水面を目一杯使うダイナミックな走法で、2000年第1回競艇名人戦で8連勝の完全優勝を達成して強烈な印象を残す[5]。内寄りコースからしぶとく残すベテランらしい捌きが売りで、予選落ちしても一生懸命整備を入れて着順を上げようとする実直な姿勢は高く評価された。2007年10月15日福岡一般戦「ボートボーイカップ」で優出し、最後の優勝(2号艇2コースから差し切り)[6]を飾る。61期連続でA級をキープし続けたが、2008年8月24日の福岡一般戦「競艇マクール杯」優出(3号艇3コース進入で4着)[7]を最後に引退。前日の23日・4日目10R準優勝戦で最後の勝利となる通算2324勝目(3号艇1コースから逃げ切り)[8]を挙げ、生涯賞金獲得額は16億6661万5644円で歴代6位である[4]

引退後の2009年にはボートレース殿堂入りを果たし[9] [5]、現在は家族との時間を大切にしており、ガーデニング剪定家族旅行などを楽しんでいる[2]

獲得タイトル編集

  • 1983年 - 若松開設30周年記念競走
  • 1985年 - 芦屋開設33周年記念競走
  • 1986年 - びわこ開設34周年記念競走
  • 1987年 - 徳山開設34周年記念競走
  • 1989年 - 唐津開設35周年記念競走、大村開設37周年記念競走、蒲郡開設34周年記念競走
  • 1990年 - 第5回賞金王決定戦競走(住之江)、蒲郡開設35周年記念競走
  • 1993年 - 蒲郡開設38周年記念競走、平和島開設39周年記念競走
  • 1994年 - 芦屋開設42周年記念競走
  • 1995年 - 第10回賞金王シリーズ戦(住之江)
  • 1996年 - 第6回グランドチャンピオン決定戦競走(多摩川)
  • 2000年 - 第1回競艇名人戦競走(住之江)
  • 2002年 - 第3回競艇名人戦競走(住之江)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集