徳山競艇場

日本の山口県周南市にある競艇場

徳山ボートレース場(とくやまボートレースじょう)は、山口県周南市にあるボートレース場である[1]

ボートレース徳山
徳山競艇場
施設
所在地 山口県周南市大字栗屋字二葉屋開作1033[1]
座標 北緯34度0分37.7秒 東経131度50分8.2秒 / 北緯34.010472度 東経131.835611度 / 34.010472; 131.835611座標: 北緯34度0分37.7秒 東経131度50分8.2秒 / 北緯34.010472度 東経131.835611度 / 34.010472; 131.835611
開場 1953年8月27日
所有者 周南市
施行者 周南市
コース
水面[2]笠戸湾瀬戸内海
水質 海水[2][3]
モーター 減音 (ヤマト331型)
外向発売所
外向発売所
  • すなっちゃ徳山
場外発売場
場外発売場
  • ボートピア呉
  • オラレ徳山
  • オラレ田布施
  • 実況
    担当 二宮淳一
    所属 オフィス・ケイ・ステーション
    テンプレートを表示

    市条例における正式名称は周南市徳山モーターボート競走場[4]、通称は「BOAT RACE徳山」(ボートレースとくやま)。

    概要編集

    周南市の南部・粭島への入口にあるボートレース場。瀬戸内海に面し、笠戸湾の奥深くに位置している。競走水面は海[2]で、水質は海水[2][3]太華山の麓に位置し、風の影響を受けやすい。

    施行者は周南市で、周南市徳山モーターボート競走事業として地方公営企業法の財務規定等が適用されている[4]。旧・徳山市が戦後復興の財源確保のために誘致したものであるが、光市でも誘致の動きがあった(市民の反対により消滅)経緯もあり、1966年から2004年までの間、光市が施行者に加わっていたことがある[5]

    設備としては、対岸の大型映像装置がない。これは江戸川競艇場[6]と本場の2場のみ。また、イベントなどのメインで使われるのは東スタンドである。

    現在のマスコットはスナメリ(近海に生息し、競走水面に入り込むことも稀にある)の「すなっち」で、それにちなんで「すなっちカップ」が行われている。過去には、フグ(近くの粭島はフグ延縄漁の発祥の地)をモチーフとしたものを用いていた。

    2011年12月10日、外向発売所を「すなっちゃ徳山」としリニューアル。年間最大360日・最大4場の発売を行う。

    1967年に建てられた中央スタンドは2015年10月以降建て替えられ、2017年10月に改めてオープンした[7]。中央スタンドの建て替えに伴い、1980年に建てられた東スタンドは2017年8月の開催で休館となった。1999年には西スタンドが建てられた。

    2018年度は売上高が602億6300万円、純利益は30億2700万円に達して過去最高を記録した[8]

    主な競走編集

    周年記念競走GI)として「徳山クラウン争奪戦」が、企業杯(GIII)として「大塚SOYJOYカップ」が行なわれている。女子リーグ戦の名称は九州スポーツ杯、新鋭リーグ戦の名称はスポーツニッポン杯。

    1988年に現在のグレード制に移行して以降、SGは本場では開催されたことがなかったが、2018年にSGレースとしては初めて、SG格のレースとしては第2回全日本選手権競走以来64年ぶりとなる「第28回グランドチャンピオン決定戦競走」が開催され、地元出身の白井英治が優勝した[9]

    一方で、現在のプレミアムGI (PG1)に該当するヤングダービー競走(前身の共同通信社杯新鋭王座決定戦競走時代、1991年・2004年・2012年)、レディースチャンピオンシップ(女子王座決定戦競走、2002年・2007年)、マスターズチャンピオン(名人戦競走、2010年)、クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦競走、2019年)はいずれも開催実績がある。

    このほか一般戦として、正月に「yab山口朝日放送杯争奪戦競走」、ゴールデンウィークに「トライアングルカップ」、お盆に「黒神杯争奪戦競走」が行なわれている。

    モーニングレース「グッドモーニング徳山」を開催している(開催開始当初の第1Rのスタート展示は通常より約1時間半早い9時3分、2012年8月現在は8時38分)。モーニングレースの開催は、「サンライズレース」を実施している芦屋競艇場に次いで二例目。この期間中は、様々な特色ある番組が予定されている。なお、当初は2011年2月9日より3月9日までの4節限定だったが、好評だったことから継続が確定した。唐津でも2011年4月から「朝ドキ!からつ」が始まったため、9月までは毎日三場のいずれかで早朝レースが楽しめることになる[10]

    • 第1レース:1号艇にA級選手を配置し、尚かつ進入固定で争われる「モーニングSP」
    • 第2レース:シリーズリーダーや好調な選手等を配した「グランプリ戦」
    • 第3レース:A級選手が軸となり、尚かつ進入固定で争われる「プライド戦」
    • 第8レース:様々な企画で行われる「お昼のゴチ走戦」

    場外発売場編集

    • ボートピア呉 - 広島県呉市呉駅前)「呉マリンビル」内。元は徳山競艇場専用だったが、年間60日程度宮島競艇場で行われる競走舟券も発売した。しかし新賭式に対応するシステム整備の問題で一旦宮島競艇場の競走の発売は2001年10月-2004年3月に中断し、その後マリンビル1号館2階と2号館2階及び2号館4階に「ボートピア呉徳山」・1号館1階と2号館5階に「ボートピア呉宮島」として運営されていたが、2015年4月1日から「ボートピア呉宮島」と「ボートピア呉徳山」が統合されて、「ボートピア呉」になった[11]
    • オラレ徳山 - 周南市銀座2丁目(徳山駅前、徳山銀座商店街内)。2008年10月4日にオープンした。開場時間は徳山競艇場開催日の9:30 - 17:30で、ナイター競走は発売されない。舟券売場のスペースには自動発払機3台とモニターが設置されている。但し、設置されるモニターではレース結果と商店街・自治体のお知らせ等が表示され、実況中継は行われない。発売締切時間は、徳山競艇本場と同時刻でありボートピアの様に本場締切の3分前ではない。また、コミュニティースペースにはオストメイト対応の多目的トイレが設置されており、商店街での買い物途中の人でも気軽に利用できる。
    • オラレ田布施[12] - 熊毛郡田布施町米出工業団地。2016年12月6日にオープン。営業時間は7:30 - ナイター終了後頃まで。104台分の無料駐車場を完備。40型の大型モニターでレースを観戦できる。有料席も10席設けられている。

    その他編集

    • 実況はおもに二宮淳一が担当している。但し二宮アナが戸田競艇場伊勢崎オートレース場で実況を担当時には、代役でRKBミューズの吉野尚美アナが担当することもある。かつては北嶋興、吉原完が担当していた。
    • 2007 - 2011年度に本場で開催されているGII以上の競走[† 1]において、公式WebサイトやCM、発走前のムービーにアニメ・漫画調のビジュアル・主題歌を採用し、ネットユーザーの間で話題となった[13]。担当者曰く「"いかにも競艇"なデザインにしないことで、ほかの競艇場と差別化し、多くの人から興味を持ってもらうため」とのこと。なお2012年度はGIが周年及び新鋭王座決定戦競走の2度開催となったが、そのようなキャンペーンは行われていない。案はあったのだが採用にならなかった、と前述の担当者のツイッター上でコメントされている。
    • 2010年12月より、大時計が正常に動作しない(本来の計時より最大0.8秒遅れる)という故障が頻発し[14]、レースの中止・打ち切りが相次いだ[† 2]。当初異常な電圧低下が原因と見ていたが、故障が改善されないため、詳細な原因究明のため、所管官庁である国土交通省に報告の上で、1月8日からの一般競走「山口新聞社杯西京王座決定戦競走」を全日程中止し[15]、1月18日からの周年記念は正常開催。また、中止した日程を3月に新たに組み入れた。
    • 2019年末現在、全国のボートレースにおける歴代高配当ベスト3のうち、第1位(2011年5月22日、3連単682,760円)と第3位(2019年1月16日、3連単595,550円)はいずれも本場で開催された一般戦(どちらも第2レース)によるものである[16][17]

    アクセス編集

    • 山陽自動車道徳山東ICから車で15分[18]
    • JR山陽本線 櫛ケ浜駅から車で約5分[18]
    • JR山陽本線・山陽新幹線 徳山駅から車で15分[18]
    • JR山陽本線 下松駅から車で約10分[18]
      • 櫛ケ浜駅・徳山駅(みなと口)・下松駅(南口)からは開催時の8時から12時まで無料タクシー(往路のみ)が運行される[18]
      • 開催時12レース終了後を目処に「櫛ケ浜駅経由徳山駅行き」と「下松駅行き」の無料送迎バス(復路のみ)が運行される[18]
      • 最寄りバス停は防長交通「ボートレース場入口」バス停だが、約1.1km離れており、アクセスとして推奨されていない。

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ 該当するのは以下のレース、及び2008年以降の徳山クラウン争奪戦(周年記念競走)。
    2. ^ 具体的に中止・打ち切りになったレースは下記の通り(すべて一般競走)。
      • スポーツ報知杯 KYOTEI JAPAN CUP」:初日(12月15日)9R以降
      • 「ボートボーイカップ 2010グランプリファイナル」:4日目以降(12月25日・26日)
      • 山口放送杯熱血カップ 第2回西京波者記念競走」:3日目以降(2011年1月1日-4日)

    出典編集

    1. ^ a b 施設ガイド” (日本語). 交通・施設案内. ボートレース徳山. 2012年3月22日閲覧。
    2. ^ a b c d 蛭子1992、202頁。
    3. ^ a b 藤野2006、227頁。
    4. ^ a b 周南市徳山モーターボート競走事業の設置等に関する条例(平成20年12月25日条例第51号)
    5. ^ 競艇沿革史 光市”. 日本財団図書館. 2020年6月1日閲覧。
    6. ^ スタンドの2マーク側に小さな映像装置がある。
    7. ^ 29億円で中央スタンド 【ボートレース徳山】10月9日・オープン、6階建て1,217人収容日刊新周南2017年8月1日付け、2017年9月26日閲覧
    8. ^ “徳山競艇売り上げ最高 18年度 繰り入れ大幅増7億円”. 中国新聞. (2019年8月24日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=599116&comment_sub_id=0&category_id=1167 2019年12月31日閲覧。 
    9. ^ “白井英治、半端ない重圧のなか地元SG初V/徳山”. 日刊スポーツ. (2018年6月25日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806250000344.html 2018年6月30日閲覧。 
    10. ^ ボートレースからつがモーニングレース「朝ドキ!からつ」をスタート ~ボートレース芦屋、徳山と合わせ、毎日モーニングレースを開催~
    11. ^ ボートピア呉徳山とボートピア呉宮島の統合についてについてボートピア呉ホームページ
    12. ^ 場外舟券発売場「オラレ田布施」(山口県熊毛郡田布施町)がオープン”. 2017年2月4日閲覧。
    13. ^ 「冠に導かれし戦士たちの物語」 徳山競艇のサイトがRPGっぽい”. ITmedia (2009年6月23日). 2011年1月5日閲覧。
    14. ^ “時計故障で競艇レース中止”. 中国新聞. (2011年1月5日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201101050031.html 2011年1月5日閲覧。 
    15. ^ “山口新聞社杯など大時計不良で中止 徳山モーターボート競走場”. 山口新聞. (2011年1月5日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2011/0105/17.html 2011年1月5日閲覧。 
    16. ^ 高配当ベスト10 歴代”. ボートレースオフィシャルサイト. 2019年12月31日閲覧。
    17. ^ “夢の配当が出た!高額歴代3位59万舟券/徳山”. 日刊スポーツ. (2019年1月16日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/201901160000261.html 2019年12月31日閲覧。 
    18. ^ a b c d e f アクセスマップ・交通サービス” (日本語). 交通・施設案内. 徳山競艇場. 2012年3月22日閲覧。

    参考文献編集

    • 蛭子能収『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。ISBN 978-4-341-14038-0
    • 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』三恵書房、2006年。ISBN 4-7829-0353-7
    • 施設ガイド” (日本語). 交通・施設案内. 徳山競艇場. 2012年3月22日閲覧。
    • アクセスマップ・交通サービス” (日本語). 交通・施設案内. 徳山競艇場. 2012年3月22日閲覧。

    外部リンク編集