メインメニューを開く

高木 麻早(たかぎ まさ、1953年12月31日 - )は日本女性シンガーソングライターである。愛知県名古屋市出身。「ひとりぼっちの部屋」のヒットで知られる。

目次

略歴編集

  • 高校生の頃よりその歌唱力に注目され、名古屋出身のデュオ「チェリッシュ」の担当番組に出演依頼されたり、地元の名古屋では一目置かれる存在だった。
  • 1973年5月、ヤマハ第5回ポピュラーソングコンテストに出場し、「ひとりぼっちの部屋」で入賞。『キューピットのささやき』を愛称に関東ポニーからソノシートでプレキャンペーン。同年9月10日、同曲で「ヤマハ音楽振興会」所属でキャニオンレコードからデビュー。「ひとりぼっちの部屋」は40万枚を超える売り上げとなり、ファースト・アルバム『高木麻早』と共に大ヒット。オリコン新人賞受賞。
  • 1985年、音楽活動を休止。
  • 2004年11月、オリジナルアルバム『True Love』をリリース、音楽活動を再開。
  • 10年以上続いている名古屋ブルーノートでのLIVEは毎回sold outで終了している。

人物編集

  • コンサート、ライヴを中心に活動。また、ニック・ニューサー岡崎友紀名高達郎らの作品も手掛ける。
    • ディスク・ジョッキー、司会など幅広い活動を展開。
    • FM東京『高木麻早のワンダーランド』は伝説のヒット番組で3年半続いた。 のちにFM大阪 名古屋CBCラジオ にて活動
    • 2017年 FM三重『MASA☆夢 音楽会』を半年間放送。非常に質のいい番組だった事から再開を望むファンが多い。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. ひとりぼっちの部屋(1973年9月10日) - 1990年11月21日再発
  2. 想い出が多すぎて(1974年1月10日)
  3. コーラが少し(1974年3月25日)
  4. 不思議な気分(1975年4月25日)
  5. すりがらす(1975年8月25日)
  6. 愛は貴方のぬくもり(1976年1月25日)
  7. あいつってさ(1976年11月25日)
  8. 愛のシルエット(1977年3月25日)
  9. 夢のバラード(1977年6月)
  10. 忘れたいのに(1978年9月21日)
  11. ひとり徒波(1979年4月)
  12. 風の歌(1979年12月5日)
  13. な・お・ん(1980年6月)
  14. 会者定離(2009年3月14日)

アルバム編集

  • 高木麻早(1973年10月10日) - 1994年11月18日/2001年12月19日再発
  • 麻早(1974年5月10日) - 1994年11月18日再発
  • TAKE A TEN(1974年9月10日) - 1996年3月21日再発
  • 麻早 こころの扉(1975年7月5日) - 1996年3月21日再発
  • 高木麻早LIVE(1976年)
  • Silhouette(1976年) - 1996年3月21日再発
  • DREAM ON(1977年) - 1996年3月21日再発
  • はじめて女になったとき(1978年) - 1996年3月21日再発
  • 渇奏路(1980年)
  • PICK ME UP(1983年)
  • Good-bye あの頃(1984年)
  • MASA☆夢(2002年7月15日)セルフカバー
  • TRUE LOVE(2004年11月17日)

ベストアルバム編集

  • プレイバック・シリーズ 高木麻早(1987年12月5日)
  • ポプコン・スーパー・セレクション 高木麻早 ベスト(2003年3月26日)
  • マイ・リコメンド 高木麻早(2006年12月21日)

ひとりぼっちの部屋編集

ひとりぼっちの部屋
高木麻早シングル
初出アルバム『高木麻早』
リリース
レーベル アードバーク
作詞・作曲 高木麻早
テンプレートを表示

ひとりぼっちの部屋」(ひとりぼっちのへや)は、高木麻早のデビュー・シングル。

カバー編集

パンダのたからもの編集

2011年[2]吉田幸弘監修の元で嚥下機能低下防止ソングとして、リハビリ効果のある「ぱ」「た」「か」「ら」の音を含む替え歌「パンダのたからもの」が、高木作詞・歌唱により発表された。制作されたCDは高齢者福祉施設に配布された[3]

脚注編集

  1. ^ JASRACデータ
  2. ^ 公式サイト プロフィール
  3. ^ パンダのたからもの日本音楽リハビリ研究会のブログ 2013年3月31日

外部リンク編集