メインメニューを開く

高橋太郎 (言語学者)

言語学者

高橋 太郎(たかはし たろう、1927年5月15日 - 2006年11月20日)は、日本言語学者日本語学者

目次

略歴編集

京都府京都市下京区の生まれ。1952年京都大学文学部哲学科心理学専攻卒業。国立国語研究所名誉所員。博士(文学)。

1988年に国立国語研究所を定年退職後も麗沢大学立正大学関西外国語大学などで学生の教育にも力を注ぎ、多くの研究者を育てた。

奥田靖雄鈴木重幸らの言語学研究会の主要メンバーの一人であり、教育科学研究会・国語部会その他の民間教育研究団体や、日本教職員組合全日本教職員組合教育研究全国集会等でも、講師などとして国語教育(主として文法を体系的に教える言語教育)に関する指導・助言を行った。

長女は翻訳家高橋さきの。次男は映像作家高橋洋平

著書編集

単著編集

共著書編集

関連項目編集